書籍 / 関連書籍

ホーム書籍 ≫ 関連書籍

サティシュ・クマールさんの関連書籍

サティシュ・クマールさんの本は、哲学書のような内容のものもあります。

20130729-君あり.jpg

『君あり、故に我あり』は若干難解です。


対談形式で、その内容がわかりやすくなっているのが、『壊れかけたこの星に今してあげられること』です。

20130729-壊れかけ.jpg



一番のオススメは、辻信一さんの書かれた『英国シューマッハー校 サティシュ先生の最高の人生をつくる授業』です。

20130729-サティシュ本1.jpg

明治学院大学教授の辻さんが、大学のゼミ生を連れてサティシュさんの学校を訪れたときのことが、克明に記載されていて、サティシュさんの教えも、わかりやすく噛み砕いて書かれています。


記事をまとめるにあたり、非常に参考になった一冊です。

興味のある方は、ぜひ、お読みください。

白石康次郎さんの本

編集するにあたり、ほぼ、全部の白石さんの著書、読ませていただきました。

どれも面白かったです。


記事の内容に関して、特に参考になったのが、下記の2冊です。

『精神筋力』

『人生で大切なことは海の上で学んだ』

そして、白石さんの世界一周の冒険についていろいろと知ることができるのが、

『七つの海を越えて』

だと思っています。


興味を持たれた方は、ぜひ、お読み頂ければと思っています。

7月1日号一面掲載、今井一彰先生の著書

7月1日号一面、それから取材ノートで取り上げさせていただいた、今井一彰先生の著書です。

①口を閉じれば病気にならない
20130701-口を閉じれば病気にならない.jpg

②足の指、まっすぐ健康法
20130701-足の指まっすぐ.jpg

③薬を使わずにリウマチを治す5つのステップ
20130701-薬を使わずにリウマチを治す.jpg


各画像をクリックすると、アマゾンのページに行くことができます。

小田豊二さんの連載「その3」「その4」に登場。清水咲栄さんのことが書かれた『雪国89歳の郵便配達おばあちゃん』

20130701-雪国.jpg

清水咲栄さんのお話が聞き書きで読める本です。
編集作業中のお供に、読みました。
若干、聞き書き体が癖がありますが、清水さんの半生に興味を持たれた方には、オススメの1冊です。


※画像をクリックするとアマゾンのページに行くことができます。

2013年6月24日号一面、白鳥哲監督の著書

①世界は祈りでひとつになる
20130624-世界は祈りで一つになる.jpg

映画『祈り』の内容が、ほぼそのまま本になったような内容です。
さらに、前作、前々作の映画の内容にも触れられており、白鳥監督を知るのにもわかりやすい内容です。
オススメの一冊です。



②ギフト
20130624-ギフト.jpg

白鳥監督の闘病の様子がよくわかります。
講演ではだいぶ割愛されてしまった、様々な代替療法、セラピーの内容も知ることができます。
代替療法に興味のある方には、オススメの一冊です。




※画像をクリックすると、アマゾンのそれぞれの本のページに飛びます。

野澤卓央さんの著書

一生を変えるほんの小さなコツ
あなたを変えるたった一つの「小さなコツ」

どちらも面白いですが、特に
あなたを変えるたった一つの「小さなコツ」
は、野澤さんの生い立ちからのエピソードが詳しく書かれていて、胸をえぐられる感覚を覚えます。

興味を持たれた方は、ぜひ、お読みください。

小田豊二さん『「聞き書き」をはじめよう』

20130612-小田豊二聞き書き.jpg

2013年6月10日号一面の小田豊二さんの『「聞き書き」をはじめよう』です。
聞き書きについてより深く学びたい方にはオススメの一冊です。
添削課題までついてます!

amazon ページは こちら


生きてこそ

生きてこそ
今週の社説で紹介されていた本です。
著者のストッキ・アルベルトさんの「生きてこそ」は、
犯罪被害者家族が置かれた現状がこれほどまで大変なものかと
胸倉を掴んでゆすぶられる本です。
発行 ビジネス社

永楽町放火事件で亡くなった妻、今西公子さん(享年46歳)と次女の友理恵さん(享年12才)
5年前の放火事件は、同じ宮崎市での事件というだけでなく
公子さんをよく知っていただけに、今も胸が痛みます。

事件は犯人逮捕で終わりではなく、残された人たちのケアが
どれだけ必要とされているかを教えられます。

生きていれば、公子さんは私と同じ51歳です。
是非、読んでアルベルトさんの活動に賛同してほしいと思います。

『写真で学ぶ掃除道』 著者:鍵山秀三郎

写真で学ぶ掃除道
『写真で学ぶ掃除道』 著者:鍵山秀三郎
出版:PHP出版 価格:1300円+消費税


日本を美しくする会 相談役の鍵山秀三郎様より、亀井民冶編『掃除道』(PHP研究所)の本を贈っていただきました。

鍵山さんは、平成20年までイエローハット の相談役をされていました。今回は亀井氏による写真が主で、掃除の仕方が具体的によく分かります。

おトイレ掃除のやり方は分かりますが、洗車の仕方とか、植え込みのときはどうするのかとか、鍵山さん自身の写真で説明がされているのです。

おトイレ掃除の実践者だけでなく、掃除好きな人にまた掃除に関心が出てきた人にとって一冊手元に置いておきたい本です。

どうぞ実践書として、お求め下さい。

『「日本よい国」構想』

「日本よい国」構想
「日本よい国」構想
著者:山田 宏
発行:一般社団法人 日本よい国構想研究会


読者の方からいただいた本です。山田宏氏は昭和60年に、最年少27歳で東京都議会議員に立候補し、初当選後、平成11年から杉並区区長として、現在3期目を務めています。
私たちが、心から「日本よい国」と思えるようになるためには、どのような人間観・国家観・歴史観を持てばいいのかを考えるヒントがあります。