水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ すべての物には意識がある

水谷もりひとブログ

すべての物には意識がある

川田薫。変なおじさん。
昭和9年生まれの83歳。

東京理科大の物理学科卒で、
東大の地震研究所や物性研究所を経て三菱金属中央研究所に入った人。

その変なおじさんが、すごい話をしてた。

「物には意識がある」と。

たとえば、洋服を買いにショップに行く。
すると商品はこぞって、「私を買って!」とお客さんにPRするんだって。
みんな「自分を買って欲しい」と思っているわけです。

で、その中で気に入った洋服を買いますよね。

その洋服はそのあなたのためにこの世に生まれてきた洋服なんです。
だから、お気に入りの服になるし、サイズもぴったり。
大切な会合やパーティに行くとき、その服と一緒です。
まるで大切なパートナーみたいな感じです。

だけど、物を買う時に、欲が出たり、損得勘定で買うと、
理想のパートナーとは違う洋服を買ってしまうことがあるんだって。
だから後で着心地が悪かったり、すぐダメになったりする。

買い物をするときは、
結婚相手とか恋人を選ぶくらい、こっちの意識を高めておく。

特に高価な物を買うとき。
洋服とか車とかバッグとか時計とか、自分の体と密着するような物を買うときは
こっちの次元を上げ、意識を上げておくと、
本当にいい物と出会えます。

そして、いざというとき、あなたを助けてくれます。
たとえば、婚活パーティーにその服を着ていくと、
いい男がその服を見て「なんて素敵な人なんだ」と思ってくれたり、
商談のとき、一番いい服を着ていくと、そのセンスの良さが好感度を高めてくれて、商談がうまくいったり。

イチロー先生がいつもバットやグローブを大事にしているのも
そういうことだと思います。
いざというとき、バットやグローブがイチローのプレイに力を貸してくれるんです。

「物には意識がある」
我々が日頃使っているボールペンも、消しゴムも、パソコンも、すべて意識を持っている。
その意識は開発した人、生産した人、売っている人の熱い想いが、まるでDNAのように入っている。
そして一個一個が、今使っている人に出会うべくしてやってきたものです。
そう思うと、愛おしくなりませんか。

このことは、次元を上げ、意識を高めていかないと何のことか分からないというのです。
つまり、霊性です。

とにかくにかく、川田先生の話はまだまだ不思議な話がたくさんあるんですけど、面白かったです。