水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ ぼくと1ルビーの神様

水谷もりひとブログ

ぼくと1ルビーの神様

今日は大変なお叱りの電話をいただきました。
9月4日号の社説は『わくわくしよう』がテーマでした。
その中で『ぼくと1ルビーの神様』という小説を紹介したのですが、
ところが、その本は絶版になっていました。

社説を読む人をさんざんわくわくさせておきながら、
その本を購入しようとネットで検索したら、購入できないか、中古本は定価の3倍ほどの値に跳ね上がっていたのです。

そりゃ、怒りますよね。
ちょうど僕が不在だったことで、ハートスタッフの鶴ちゃんがめちゃくちゃ怒られていました。

アマゾンなどのネットショッピングでは、
中古本はかなり安く価格設定されていますが、
売れ始めると、急にそれまでの10倍、20倍の値が付けられます。

おそらく社説を読んだ人がかなりの数、中古本を購入したのでしょう。
あれから『ぼくと1ルビーの神様』は1円から3000円、5000円に跳ね上がってしまいました。

皆様、申し訳ありません。

それでみやざき中央新聞では、それらの中古本を多数購入して、希望者に貸出致します。
本、到着から2週間の期限で、またこちらに返信してもらえるようにします。

これを機会に、本の貸し出しが始まるかと思うとわくわくします。
意外な展開です。

しかし、以後、本を紹介するときは絶版になっていないかどうか確認してから紹介するようにします。