読者のつどい

ホーム読者のつどい ≫ 【大盛況でした!】霧島温泉お泊り読者会

このページでは「みやざき中央新聞 読者会」の案内をしております。
開催日と開催地をこちらで決定し、代表・松田くるみと編集長・水谷もりひとが現地に伺います。お近くで開催される際には、ぜひお越しください♪

【大盛況でした!】霧島温泉お泊り読者会

6月30日-7月1日と、1泊2日で、霧島温泉「旅行人山荘」にて、お泊り読者会を開催しました。

大盛り上がりの読者会となりました♪


夜の大交流会での、みやざき中央新聞スタッフによる、民謡の演奏の様子を、
紙面でおなじみのたぬきコーチが動画を撮って、youtubeにアップしてくださいました。

当日の様子が伝わると思います。

お楽しみください。

1曲目 シャンシャン馬道中




 
2曲目 いもがらぼくと





たぬきコーチ、ありがとうございました!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読者の皆様からの、素敵な感想を紹介させて頂きます。

【(4)大阪府豊中市の村瀬直子さんからのお便り】

20120706-村瀬直子さん.jpg

お泊り読者会開催ありがとうございます。
一人で参加でしたが、個性豊かなたくさんの人に出会うことができ、泣くほど笑いました。

知らない人同士なのに、久しぶりの親族の集まりのようなあたたかさがありました。
みんな、「みやざき中央新聞が好き」という大きな共通点があったからこそ、あれほど盛り上がったんでしょうね。

みやざき中央新聞、そして、手書きの手紙を頂くたび、なんてステキな新聞社なんだろうと、温かい気持ちにさせられています。
いつも本当にありがとうございます。

これからも、みやざき中央新聞が届くのを楽しみにしています。

村瀬直子

                              2012.07.06




【(3)宮崎市のHさんからのお便り】

null

松田くるみさま
中央新聞スタッフの皆様

只今、自宅へ無事帰ってきました。
二日間、本当にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。
社長様はじめ、スタッフ皆様の温かい気持ちと参加者全員への心配りのお姿が、とても感動でした。
この日のために、沢山の時間を費やされたことでしょう。
帰り着いてもまだまだ楽しさや、心の温もりの余韻が残っております。
はじめて参加した読者会でしたが、水谷様のご講演をとても楽しみにしておりましたので、実現できて嬉しく思います。
社長様のお話の中では、私の夫も39歳で事業を立ち上げましたので、その妻としての私の気持ちと重なり涙が出るほどでしたが、笑顔でお話されるお姿に中央新聞の強さを感じることができました。
又、参加者の皆様の姿勢も立派でしたね。
編集長の社説をしっかり拝読されて自分のものとして実践されていることを、気付くことができました。
スリッパがきちんと並び、すれ違う度にきちんとした挨拶、主人と「やっぱり学んでいる人たちの集まりだねー」と感心致しました。
中央新聞を愛し、宮崎の誇りとし、これからの益々のご活躍を応援できる様、まずは、伝えることから私も協力してまいりたいと、しっかり思いつつ過ごした2日間でした。
本当に、本当に、ありがとうございました。
そして、感謝、感謝です。
今静かに洗濯機が廻っております。
主婦に戻った瞬間です。
さて、今夜の夕食は?といろんなことを考えながらペンをとりました。
みなさま、本当にお疲れ様(お幸せさま)でした。

                      2012.07.04


【(2)鹿児島県さつま町の和気由美さんからのお便り】

20120704-和気由美さん.jpg

心はまだ旅行人山荘に留まったままです。
楽しかったというだけでなく、心が満たされた、心に栄養が満ちた心地よさです。
このような企画されたら本当に大変だと思うのに、企画の隅々までスタッフの皆様の心配りが感じられ、温かい気持ちになりました。
みやざき中央新聞って、スーパーでよく生産者の顔が見える野菜って売ってありますが、あれだなぁと思いました。
顔の見える新聞社なんて安心子の上ないじゃないですか。
誰だって読みたい。
誰だって、この企画、また参加したいって思います。
私は、死にたいとは思いませんが、いつ死んでも悔いはないつもりです。
が、やっぱりもっと長生きして、次の企画にも参加しますね。
いろんな方との出会いも素晴らしかったですが、スタッフの皆様のお心配りが、とても勉強になりました。
さりげない心配り、けれど温かい心配り、私もそんな風に生きたい!
スタッフの皆様の演奏や歌、すばらしかったですよ。
CD化の話とか進んだら、新聞社はどうするんだろうと心配になったくらいです。
とにかく、とにかく、ありがとうございました!
大好きなろうそくのもとで書いています。
ろうそくの中でも、和ろうそくが一番堂々として炎がぶれません。
いろんなところに先生はいっぱいいますね。
真夜中、どうしても眠れず、ペンを執りました。
ありがとうございました。
かしこ
                          2012.07.04
                



【(1)宮崎県高原町の鈴木利明さんからのお便り】

20120703-IMG.jpg

お泊り読者会に参加して、最幸の時と空間を感じることができました。
たくさんの感想がありますが、やっぱり一番は、参加者・スタッフの皆さんの笑顔でした。
同じ想いで集まっている人たちですので、すべての人が幸せな時を過ごせ、エネルギーを充電したと思います。
本当にありがとうございました。

スタッフのみなさま、お疲れ様でした。最幸!

                        2012.07.03


20120705-ランニング写真.jpg

写真は、7月1日朝6時のランニングの風景です。(参加者10名ほどで、土砂降りの中を走りました。楽しかったです♪)

タイトルは【無我霧中】だそうです♪