バックナンバー

ホーム ≫ バックナンバー

紙面サンプル(PDF) 2015年3月2日発行  2015年4月6日発行

2019年9月23日 2806号

null

「生きる力」を育むために!  その1
花まる学習会代表
高濱正伸さん
「メシが食っていける大人」を育てたい!


もう30年ほど前のことです。私は花まる学習会を設立する前、予備校で大学受験生の学習指導をしていました。そこに「どうしても成績が伸びない子」がいて、そういう子には共通点があることに気がつきました。それは、…【続きはこちらから】


社説
「集団はバカにもなるし賢くもなる」
魂の編集長 水谷謹人


…学生時代、福島さんは将来の夢も働く目的も見つけられないまま卒業し、世間の流れに乗って就職した。社会人初日、午前中の3時間で限界を感じ、お昼に辞表を書き、夕方退職した。1日持たなかった。その後、…【続きはこちらから】

2019年9月16日 2805号

null

書も人生もポジティブに!  その1
書道家
武田双雲さん
ハガキの仕分けで大興奮!~僕が書道家になる前~


僕は25歳の時から書道家として活動しています。母親が武田双葉(そうよう)という名前で書道家をやっていますし、僕自身も小さい頃から書道は大好きでした。でも、僕は当初理系の大学に行き…【続きはこちらから】


社説
「「常識」の向こう側にある風景」
中部特派員 山本孝弘


先日インドの街並みを紹介する番組を観た。画面から喧噪(けんそう)の臭いが漂ってきた。インドには20代の頃、三度訪れたが、価値観が根底から覆される国だった。中学の時に社会の授業で、「カースト制度は1950年に法的に撤廃されたが今も根強く残っている」と習ったが…【続きはこちらから】

2019年9月9日 2804号 

null

そのままの自分で輝く  その1
美塾 塾長
内田裕士さん
欠点を魅力に


早速ですが、質問です。あなたは自分の「欠点」と「魅力」、どちらに詳しいですか? こう尋ねると多くの方が「欠点」と言います。僕は以前、銀座にある百貨店の化粧品売り場で働いていました。そこで女性の方の「取るに足らない悩み」をたくさん聞いてきました。たとえば、つり目の人は…【続きはこちらから】


社説
「出会いにはすべてシナリオがある」
魂の編集長 水谷謹人


たまにお寺さんから講演を依頼される。浄土宗、天台宗、曹洞宗といろいろなお寺を訪れた。檀家さんが対象の時は一般向けの講演になるが、ごくまれに僧侶が対象の時がある。厳しい修行を積んだ僧侶に何を語ればいいのか…【続きはこちらから】

2019年9月2日号 2803号

null

良識ある食品をできるかぎりお値打ちに  その1
株式会社サンヨネ代表取締役社長
三浦和雄さん
ステキな会社をつくりましょう


サンヨネは、創業明治25年、愛知県東三河地域を地盤にした食品流通グループです。現在、会社にはパートさんを含めて約600人の社員がいますが、平均年齢が50歳を超えました。私が社員の幸せを考えた時に大事だと思っているのが…【続きはこちらから】


社説
「『自分の時間がない』という人へ」
魂の編集長 水谷謹人


先日参加したビジネスセミナーでのこと。開始時間になっても参加予定者のうち2人がまだ到着していなかった。1人からは「遅れます」というメールが来たが、もう1人からは連絡なしとのことだった。 その時、「昔はどうしてたんだろう?」という話になった。昔というのは…【続きはこちらから】

2019年8月26日 2802号

null

ライフコンパスと言葉の力  その1
医学博士/経営学博士/コーチ/セラピスト
井上裕之さん
人生を変える言葉の力「私は強運だから」


私が「成功哲学」に出合ったのは、家族が交通事故に遭った後でした。帯広から旭川に移動中、暖かな日差しが凍りついた路面を溶かし、車がスリップしたのです。幸い、私と当時4歳の娘にけがはありませんでした。でも…【続きはこちらから】


社説
「書く、配達する、受け取るという風情」
魂の編集長 水谷謹人


 中学3年生を対象とした全国学力テストの国語で、「封筒に宛名を書く」という問題が出たそうだ。その正解率が57.4%だったということで、ちょっとした話題になっている。その問題は「全国中学生新聞」の「声の広場」に…【続きはこちらから】