バックナンバー

ホーム ≫ バックナンバー

紙面サンプル(PDF) 2015年3月2日発行  2015年4月6日発行

2021年4月12日 2878号

null

少息のすすめ
みらいクリニック院長
今井一彰さん
「あいうべ」で心も体も健康に!


…まず自分の呼吸の状態をチェックする「息止めテスト」をしてもらおうと思います。鼻から吸って鼻から出す、楽な呼吸を繰り返してください。そして、5秒ほどかけてゆっくり息を吐き出します。吐き出したところで、そのまま息をこらえます。その状態で何秒息を止めていられるのか、やってみてください。(中略)30秒以上できた方は…【続きはこちらから】

社説
違うのはゴールに着くまでの育て方
魂の編集長 水谷謹人


…多くの家庭では「母親」という女性が子育てを担っているが故に、男の子の行動が理解できない。ややもすると女性脳の価値観・世界観で男の子が本来辿るべき成長のプロセスを潰してしまいかねない。だから黒川(伊保子)さんは『息子のトリセツ』(扶桑社新書)を書いた。たとえばお風呂に入る時…【続きはこちらから】

2021年4月5日 2877号

null

今読みたい古典のはなし
京都産業大学文化学部 教授
小林一彦さん
75歳からが本番だったとある歌人の一生


…『新古今和歌集』に入集する歌人に、藤原俊成という人がいます。「この世をばわが世とぞ思ふ望月(もちづき)の~」という歌で有名な藤原道長の子孫であり、新古今の撰者・藤原定家のお父さんでもあります。彼はものすごく古典を大事にしていた人で、『新古今和歌集』には72首もの歌が載り、和歌の発展に大きく寄与したと評価されています。
藤原俊成の人生は決して順風満帆なものではありませんでした。まず10歳の時に…【続きはこちらから】

社説
世の中から一番無くしたいこと
魂の編集長 水谷謹人


…映画『ひとくず』は、「悪人で凶暴な男だけど、時々優しい」という「金田」が主人公である。物語は、彼があるアパートに空き巣に入るところから始まる。入った部屋はゴミだらけで、食べ物はなく、電気もガスも止められていた。そこで金田が見たものは、突然の侵入者に怯える小学校低学年くらいの少女だった。その子を見た瞬間、金田の脳裏に虐待されていた子どもの頃の記憶が蘇った。彼は少女をつれてコンビニに行き、食べ物を買い与えて立ち去る。しばらくして少女のことが気になった金田は…【続きはこちらから】

2021年3月22日 2876号

null

ペコロスの母に会いに行く
漫画家/シンガーソングライター
岡野雄一さん
どんなに悲惨な出来事も最後は笑いに変えて


…母は天草の農家の10人兄弟の長女でした。親の手伝いをしながら、いつも自分の背中に妹や弟を抱えているような少女時代を過ごしたそうです。そのため、母はとにかくしっかり者でした。そんな母が、父が亡くなった年の暮れあたりからだんだん「妙な感じ」になっていきました。それは僕にとって、…【続きはこちらから】

社説
そっと寄り添う共感の温かさ
中部支局長 山本孝弘


好きな日本語はたくさんあるが、動詞に限っていえば「寄り添う」という言葉が好きだ。外国語に訳すのが難しい日本語の一つだろう。「ぴったりと側にいる」という物理的な使い方よりも、「あのつらい日々に先生が僕に寄り添ってくれた」のように、心の空間を共にする意味で使われる場合が多い。先日、岐阜県にある飛騨千光寺の大下大圓(おおした・だいえん)住職の話を聴く機会があった。大圓和尚は臨床僧侶としても活動をされている方である。臨床僧侶とは…【続きはこちらから】

2021年3月15日 2875号

null

幸せのマーケティング戦略
税理士/ TRYビジネスソリューションズ株式会社 代表取締役
田村麻美さん
自分を「商品」として分析してみた!


私には大きなコンプレックスがあります。顔と頭の大きさです。親からは「可愛い、可愛い」と言われて育った私ですが、小学1年生でひとつの事実に直面しました。小学生が共通して被る、あの黄色い帽子に頭が入らなかったのです(笑)。(中略)そこから、「自分という人間は人様に選んでもらえることがあるんだろうか」と考え続ける人生が始まりました。そんな人生の要所要所で私が行ったのが…【続きはこちらから】

社説
エンジョイ・マイ・ライフの一部のために
魂の編集長 水谷もりひと


…皆さんはこんな経験はないだろうか。仕事中に言葉の意味を調べようと検索サイトを開く。その時、メールが数件着信していることに気付く。「見たい」という衝動に駆られる。仕事中だから見る必要はないのだが、「大事な連絡かもしれない」という思いが「見る」という行為を正当化する。メールを確認すると、ついでに先ほどフェイスブックに投稿した記事にコメントや新しい「いいね」が付いていないかチェックする。その時、…【続きはこちらから】

2021年3月8日 2874号

null

変わりゆく時代に変わらないこと
(有)クロフネカンパニー代表
中村文昭さん
小学生の夢が天国の7人まで届いた日


僕は「ご縁紡ぎ大学」といって「人間力を高める」ことを目的とした勉強会を全国各地でやっています。巷の学校は「学力を高める」ということがメインだと思うんですけど、社会に出てから本当に必要なことは学力よりも人間力のほうじゃないかなと僕は思っているんです。つまり「あなたから買いたい」とお客さんから言われるとか、「あなたと一緒に働きたい」と社員から言われるような人になる。人間力というものは…【続きはこちらから】

社説
そうなりたかったらそう演じればいい
魂の編集長 水谷もりひと


…日本では「演じる」という言葉はあまりいい響きではない。「あの子は“役”を演じている」というと、否定的な評価の意味合いが強い。「嘘の自分」を装って見せているみたいな…。演出家の平田オリザさんが随分前、講演の中で不登校の子どもたちと一緒に演劇をつくった話をしていた。最初に子どもたちから話を聞いた。一人の子が「いい子を演じるのに疲れた」と言った。平田さんは…【続きはこちらから】