水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ 14歳の君たちへ~今日は立志式

水谷もりひとブログ

14歳の君たちへ~今日は立志式

沖縄の宜野湾市の街中におもしろい看板があります。
たとえば「ここから大謝名(おおじゃな)まで歩いて5分、車で10分です」

不思議な看板です。
普通、「歩いて20分、車で2分」とかでしょ。

それから思わず吹き出してしまったのは
「お年寄りはいたわろう!空手は板割ろう!」
「あせりは禁物、あさりは海産物」

実はこの看板、宜野湾市の真栄原(まえはら)地区だけにあるんです。
その地域の青年たちがこの街を元気にしようということで
街のあちこちに立てているんです。

今日は、午後から宮崎県日向市の美々津中学校で
立志式があり、2年生に向けて講演することになっています。
テーマは『10年後の君たちが輝く魔法のメッセージ
      ~14歳の君たちがステキな24歳になるために』

14歳の彼らに、まずこのおもしろ看板の話をしようと思います。
「心を動かすこと」の大切さです。

「何かおもしろいものはないかな」と考えると、
おもしろいものが必ず見つかるということ。

人は誰しも心を持っています。
だけど、その心をうまく、上手に使っていない。
ちゃんと動かしていないんです。

たとえば、嫌なことがあったりすると悩みます。
悩み方にも「取説」がある。

「なんで俺だけ?」とか「どうして私だけ?」
「なんで俺はこんなにダメなんだ」
そうやって落ち込んでいくとどんどん深みにハマっていきますよね。

そうではなく「どうしたらいいんだろう」「何かいい方法はないかな」と悩む。
そうすると脳は前向きになり、必ず解決策が閃きます。

こういう感じで、午後2時から60分、お話してきます。
ウケるかどうか分かりませんが。