みやざき中央新聞 は、各種講演会を取材して、面白かった話 、感動した話 、心温まった話 、ためになった話 を 講師の方の許可をいただいて掲載している新聞です。
サンプル紙面1
サンプル紙面2
読者の声
フェイスブックページ

最新号のお知らせ

≫バックナンバー

2014年10月20日 2574号の目次

最新号:<1面>
20141017-吉岡さん3.jpg

男の鎧を脱ぐ その1
シニア産業カウンセラー/NHK「福祉ネットワーク」に解説者として出演 吉岡俊介さん


「これからの男の生き方は
 『肩の力を抜く』『しなやかになる』
 弱音を吐ける人間関係を」

社説

「『やり方』は成功したが、『あり方』は?」 
 魂の編集長 水谷謹人

コラム
人生の言葉を探して その10
河内亜里、今野晴美さん、塩崎計吉さん
「『さびしいときは心のかぜです』
 『小さい花でいいのだ
  本当の自分自身の花を咲かせたらいいのだ』
 『宇宙にある力が地球を動かし木を育てる。
  君の中にある力と同じだ』」
最新号:<2面>

小さなボールと一本のバットに人生を詰め込んで その7

NPO法人ベースボールスピリッツ設立者/イチロー選手と田中将大投手を支えた名脇役 奥村幸治さん
「実践し、続けることで得られる自信が
 彼らの支えになっている」

人に必要とされる会社をつくる その4

万協製薬㈱代表取締役社長 松浦信男さん
「人が辞めずに済む仕組み
 『気づきの会議』
 『アンケート内容はすべて実施』」

「子どものため」ってなんだろう? その3

神戸大学名誉教授 広木克行さん
「子育ては誰でも無免許運転
 大事なのは、子育ての予習をすること」

「生き方直し」のススメ その2

薬を使わない精神科医/湯島清水坂クリニック院長 宮島賢也さん
「午前4時から正午までは
 老廃物を排泄する時間。
 消化の負担を軽くすることが大事」
 

取材ノート

「食事の思い出を生きる力に」
編集部 増田翔子
1ヶ月無料でお届けいたします。