みやざき中央新聞 は、各種講演会を取材して、面白かった話 、感動した話 、心温まった話 、ためになった話 を 講師の方の許可をいただいて掲載している新聞です。
サンプル紙面1
サンプル紙面2
読者の声
フェイスブックページ

最新号のお知らせ

≫バックナンバー

2015年7月6日 2607号の目次

最新号:<1面>
20150703-1noborimikio.jpg

泣いて生まれて笑って逝こう! その1
産婦人科医師/日本笑い学会副会長 昇幹夫さん

「笑いが人を健康にする だから吉本興業は『健康産業』なんです」

社説

「手を合わせたい人に手を合わせてますか」
魂の編集長 水谷謹人

コラム
キメラ(合体)家族の軌跡 その5
キメラの母 小糸一子さん
「キメラ家族、初めての別れ」
最新号:<2面>

やる気を引き出す言葉のチカラ その5

トレーナーズスクエア株式会社 代表取締役/日本ペップトーク普及協会 会長 岩崎由純さん
「『いける、いける、かならずいける』
 一人の女の子の叫び声で
 チームと保護者が一つになった!」

逆境と国境を超えて その2

ベトナムの「赤ひげ先生」/眼科医 服部匡志さん
「『オレが説得してやる』
 木下先生のその一言で
 眼科医になると決めました」

万葉の世界に触れる その3

奈良大学文学部国文学科 教授 上野 誠さん
「万葉集は『黒砂糖』みたいなもの。
 クセがあり、舌触りだってよくないが
 ビタミンやミネラルが豊富で、体にいい」

お天道様のように その3

講演家/筆文字詩人 小玉 宏さん(たまちゃん)
「ココナッツサブレで
 生きた10日間も
 誰かを喜ばせるネタになる」

ママチャリ珍道中

「初心は『シンプルな旅』だった」
特派員 増嶋太志
1ヶ月無料でお届けいたします。