みやざき中央新聞は、各種講演会を取材して、面白かった話、感動した話、心温まった話、ためになった話を講師の方の許可をいただいて掲載している新聞です。

紙版・WEB版、両方あります。

見本紙を一ヶ月無料でお届けしています。

読者の声
会員さまお問い合わせ

最新号のお知らせ

≫バックナンバー

2016年2月8日 2635号の目次

最新号:<1面>
20160205-野口さん1.jpg

「教える」を学ぶ その1
教育道場「野口塾」主宰 野口芳宏さん


「信じられ、尊敬され、慕われる先生になるために」

社説

「日本中で『お誕生日おめでとう』を」
魂の編集長 水谷もりひと

コラム
予防でつなぐ希望のバトン その1
医療法人松風海 内藤病院副院長 林田繁さん
「人間の誕生はまさに宇宙が生まれるイメージです」
最新号:<2面>

暮らしやすさの本質 その2

毎日新聞東京本社社会部副部長/千葉県障害者差別をなくす研究会座長 野澤和弘さん
「障害者が生きやすくなると
 みんなに恩恵が広がり、
 この社会は根底から優しくなる」

私の人生変わり種 その4

バスケットボールU-19元日本代表選手/アクセサリー作家 宮本理沙さん
「病気のことを知ってもらい
 私の元気な様子を伝えることで
 誰かの希望になりたい」

Baseball is for life~野球を通じて学んだこと~ その2

元プロ野球選手/野球解説者 赤星憲広さん
「野村監督のあの『ぼやき』が
 僕にはたまらなく勉強になりました」

死にゆく子どもを救え その6

NPO法人ジャパンハート代表 吉岡秀人さん
「患者を連れ出せば
 国外退去になるかもしれない。
 でも命を諦められなかった」

くるみの談話室

「イベントは集客、集客は執念」
本紙代表・松田くるみ
1ヶ月無料でお届けいたします。