みやざき中央新聞 は、各種講演会を取材して、面白かった話 、感動した話 、心温まった話 、ためになった話 を 講師の方の許可をいただいて掲載している新聞です。
読者の声
フェイスブックページ

最新号のお知らせ

≫バックナンバー

2014年7月21日 2562号の目次

最新号:<1面>
20140718-滝田栄さん300.jpg

人間を動かす力 その1
俳優/仏像彫刻家/仏教研究家 滝田 栄さん

「『戦国時代という乱世を終わらせた家康を
  演じられるのは君しかいない』と言われて苦しみもがいた。」

社説

「スキンシップと触育とハグと」 
 魂の編集長 水谷謹人

コラム
人生の言葉を探して その7.
宮部 誠さん、今野晴美さん、柏田ひろみさん
「『これからは一科学者としてすべきことを粛々とやっていきたい』
 『当たり前に存在する母親の無条件の愛が
  すべての根源的な当たり前を支えている』
 『おとなは、だれもはじめは子どもだった』」
最新号:<2面>

論語から正義を問い掛ける その6

元検事・元弁護士・元受刑者 田中森一さん
「『本当のことを話して死ぬ』と容疑者は言った。
 私は彼を救いたいと思った。」

父親が変われば社会が変わる その6

NPO法人ファザーリング・ジャパン 代表理事 安藤哲也さん
「家に自分の役割があることが大事。
 楽しいことが待っていれば、
 パパはちゃんと帰ってくる。」

人生は読書と共に… その2

NPO法人読書普及協会理事長/「WEB本の越後屋」店主 佐伯英雄さん
「目標を決めた後は、
 『なぜ』と『何』という視点で
 考えるとうまくいきます。」

逆転のむらづくり その4

五ヶ瀬町夕日の里づくり推進会議 前会長
後藤福光さん
 
「10軒の農家民宿で5年間で5000人を受け入れ。
 農村の持つ総合的な教育力が
 子どもも大人も感動させた。」

くるみの談話室

「パルピテーション」
本紙代表 松田くるみ
1ヶ月無料でお届けいたします。