くるみノート

ホームくるみノート ≫ 今年初めての朝礼で・・・

今年初めての朝礼で・・・

 寒中お見舞い申し上げます。
 みやざき中央新聞は昨年末リフォームしました。それまで一つのフロアで仕事をしてきたのですが、1階 ”ハートスタッフ”(事務)と2階 ”編集部”とに分かれました。
随分と広くなりゆったりと仕事ができるようになりました。
 半面、フロアが分かれると心まで分かれてしまわないかと心配しましたが、その心配は無用でした。出社すると1階のスタッフは2階に来て挨拶をしてから1階の自分の机に戻ります。2階のスタッフは、出社すると先ず1階のスタッフのフロアに行って挨拶をしています。帰る時も同様でした。
年始の朝礼で、一つになるために小さな努力を重ねましょうと伝えましたが、朝の挨拶や帰りの挨拶でがきちんとやれていてほっとしました。

みやちゅうは小さな組織です。そんな中では個人の感情がよくも悪くも伝搬してしまいます。自分と異なる考え方や行動の仕方を目の当たりにすると、感情が先に立って意見に耳を傾けることができないことがあります。
心の中の不満は「提案」を提案にしていけるように「伝え方」を工夫しましょう。高ぶった気持ちは横に置いて、意見にきちんと耳を傾けられるようにいたしましょう。
そんな話をいたしました。
 私たちは会社や家庭といった逃げられない中に、自分の弱さや足りなさを発見します。みやちゅうと一緒に成長することを一年間の目標にしました。

私も代表として、みやざき中央新聞にふさわしくなるように学びを続けていきます。
今年は、永業塾、戦略社長塾、倫理法人会、経営者大会参加で継続的にこれらを学んでまいります。今年もどうぞよろしくお願いいたします。