くるみノート

ホームくるみノート ≫ みやざき中央新聞を読む会

みやざき中央新聞を読む会

各地で開かれている『みやざき中央新聞を読む会』は公開されているだけで、現在16か所あります。そのうちの一つは「Zoom読む会」なのでオンラインです。

宮崎では月1回、第4土曜日の朝8時から市内の喫茶フラットで、ひと月分の新聞を持って来て感想を出し合います。
12月もそれぞれが響いた話を出し合ったら「今日も書くことがある幸せを・・・」社説12月17日号から3人が選びました。

人材教育が本業のTさんは、松下幸之助の話を。市民活動を活発にしているKさんはプラスチックの容器を使っているようじゃ大した人材は育たないという話を。森づくりをされているMさんはきょういく(今日行くところがある) きょうよう(今日用がある) きょうかく(今日書くことがある)の話をされました。
本当に響くところは十人十色なので、いろいろな視点を教えてもらい勉強になります。

今朝もたくさん笑いました。90分過ごして「幸せな時間だったなあ」と思えるのは、波長の合う仲間と語り合えること。
11月26日号2面に各地の連絡先が載せてあります。どうぞお近くの『読む会』にお出かけください。