とね書

ホーム ≫ とね書

刀根淑子
みやざき中央新聞スタッフ、刀根淑子が描く書をご紹介します。
刀根は、「墨友」 漢字、師範を取得しておりますが、とね書につきましては、枠から大きく外れた絵画のように表現しております。好きな言葉などを気まぐれに筆を走らせておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

残り物には福がある

20170113-残り物には福がある.jpg


社内でくじを引いたり、ゲームをしたりすることが度々あります。
お正月は神社でおみくじを引いたりもします。
そして決まって私はくじ運が悪いです(笑)

一方で、くじ運のいい人、これがまた必ずいます。
大きな声では言いませんが、我らがN部長です。

けれど、私は言いたい。
たとえくじ運が悪くても、おみくじがいつも小吉でも、気づかない大吉がゴロゴロしてるじゃん!
思いがけず花をもらって帰ったりぃ・・・
なんの記念日でもないのにプレゼントをいただいちゃったりぃ・・・
昨年の暮なんて、ダイソンの掃除機が舞い込んできちゃったもんね。
偶然ラッキーが到来♪

いただきものばかりじゃなく、事故に遭わずに済んだとか。
なんだ、偶然の幸運に気がついていないだけじゃないの?
悪運、幸運を自分で線引きしている部分もあるし。
人間万事塞翁が馬ともいうし。

【偶然のチカラ】※1という本が友人から送られてきました。
すぐに私に読んで欲しいだけの課題が隠されているんだろうなと察しました。

偶然の出来事って一体どんな仕組みなの?
そもそも偶然ってあるんですか?
嫌な予感しかしないときの最悪の結果とか・・・
「無」でいるときの幸運の訪れとか・・・
前世からの善行?
原因あっての結果あり?
いやでも、そうなると自然災害はどうなの?って話になる。
それは善悪とか関係ないでしょ。

ムムムッ、読んでみるか。
そしてやはり・・・興味深いことが書かれてました。

『人間は誰しも自分が選んだことにとらわれて自由な判断ができなくなる』
はぁ、そのとおりだなぁ・・・


『他人が選んだことなら別に影響はないけれど、自分の判断が加わると誰もがそれに多少の責任を感じるようになる。』
はぁ、確かに・・・・
おみくじとか、自分の選択の力はこんなもんかと、【小吉】で意気消沈してるし(笑)


『賭け事の勝ち負けが50%の確率で決まる場合、その賭け事を申し出た当人が最初にコールすること、つまり相手に選んでもらう事が必勝法である』
うぅーん、不幸は選択ミスから起こるのか・・・
じゃぁ自分が先に選択しなければいいんだな。


『自分で良い悪いを選択しない』
『世の中にはどうにもならないこともある』
『我が身に起こったことは必然と捉える』
『流れに任せる』

とにかくこの本には
『自分で選択するべからず』
と何度も書かれていました。
というわけで【残り物には福がある】
これだ。絶対これだ!笑

あ、そうそう、もう一つ興味深いことが。
『いいセールスマンは、こちらから説得するのではなく、相手が自分で決断を下せるように導いていく。』
そう書かれてます。
あぁそういえば、あの営業の神様※2がそんなこと言ってたっけ。
ぬぬぬっ。営業の真髄がまさかこんな究極の選択に反映されているとは・・・


※1 偶然のチカラ 植島啓司著 集英社新書
※2 永業塾主宰、中村信仁氏のたとえ

YouTubeもやってます

良きことを引き寄せるには

20161116-良き期待をしなさい.jpg


【良き期待をしなさい。そうすると良きことを引き付けるでしょう】


身の回りによくある出来事を例にあげましょう。
チームであるプロジェクトを立ち上げようとした時のこと。
普段はとても仕事熱心ですが、いつも万が一を考える人がいます。

ひとつのテーマに対して常にいくつものマイナスの出来事の予想を並べる。
するとそのチームは、その一つの対策を立てるうちに、意欲を失い、動けなくなるんです。

嘆く人、グチの人、不安がりの人は、マイナス物語づくりの名人。
最初に口にする言葉が不安の言葉で、次にマイナスの出来事を予想してしまう。

「それはできない」
「難しそう」
「もう大変・・・」

これはキリストが言った言葉だそうですが
「怖れるな。怖れると怖れることがやってくる。」

この言葉を逆に捉えるならば
「良き期待をしなさい。そうすると良きことを引き付けるでしょう。」

上手くいったときのイメージと感情を思い起こす練習をする。
良き感情は恐れを消滅してくれます。
皆さまもよくご存知、引き寄せの法則ですね。

しかしもっと大切なのは、日常の自分の人格をあげてゆくこと。
人を評価しないでおおらかに生きてゆくこと。
なんだそうです。

何を隠そう、私も万が一を考えています。
このプロジェクト、万が一上手くいったらどうしよう。
ワクワクしてきませんか?


北川八郎著 繁栄の法則より

腹を立てれば角が立つ 人を立てれば蔵が建つ

20161012-腹を立てれば角が立つ.jpg



『腹を立てれば、角が立つ。 人を立てれば、蔵が建つ。』 

 問題が起きたとき
 感情的に反応していると
 つい正論を振りかざして
 誰かを責めてしまいがちになる。
 
 それでは
 問題は悪化していくだけ。
 そもそも
 問題を解決して、前に進むには
 一人では限界があるから
 みんなの力が必要。
 
 快く力を借りるには
 日頃から気を配り
 立てるべき人を立てておくことが大切。
 多少の誤解があろうとも
 意見の相違があろうとも
 
 立てていた人の一言で
 丸く収まることも多い。
 
 そうやって
 立てるべき人を立てている人には
 いずれ立ててくださる方が現れ
 物事が加速度的に進むようになっていく。

 小田真嘉氏『成長のヒント』より


♪~~~☆☆☆~~~☆☆☆~~~☆☆☆~~~☆☆☆~~~♪


 実は私、怒っていました。


 笑


 「あぁ、私、怒ってるなぁ。なんでこんなに怒ってるんだろう。」


 そんな風に自分を俯瞰して見ていました。
 すると、こんな事が見えてきました。

 あぁ、『自分が正しい』と思っているなぁと。。。。
 『自分を正当化』しようとしているなぁと。。。。

 急に一人で怒っていることがとても恥ずかしくなりました。

 自分のわがままに気づき、謙虚でいること。
 それがあらゆる人間関係の潤滑油になるのかなぁ。。。
 夫婦間も・・・(笑)

 そんな風に思った出来事でした。


 チャンチャン♪

大事な人を大事にしてる?

20160912-どれだけ大事にできているか.jpg


大切な人を大事に思っているのと
実際に、大事にしているのは大違い。
大事だと思っていても具体的に何もしていなければ
大事にしていないのと一緒。
 
~をしてあげたいと思っても
実際に行動を起こすまでに時間がかかっていたり
先延ばししているなら
それも大事にはしていない。
 
どれだけ大事にしているかは
そう思ってから具体的な行動をするまでの時間に反比例する。
 
すなわちすぐやる。
すぐ変える。
すぐ伝える。
すぐに謝る。
すぐに共有する。
すぐに会いにいく。
すぐに...
それが大事にするということ。
 
小田真嘉氏メルマガ「成長のヒント」より


ちょうど今朝、タイムリーな話に出合いました。

「大切な友人が入退院を繰り返しながら病と闘っている」
メールでのやりとりはこれまでも何度もしていたのに、
そんなことを一言も言わなかった友人。
どんな顔をして会えばいいのか、
そもそも会いに行ってもいいのか・・・


そんな風に悩んでいた同僚です。


心が明るくなる花を持って行こう!
心が軽くなる音楽をプレゼントしよう!
あなたの最高の笑顔をプレゼントしよう!

今すぐに・・・






一流になろう

20160907-一流の人は.jpg

【一流の人は不満を言っているヒマに工夫をしている】
中谷彰宏著 「一流の人が言わない50のこと」より


以下、本文抜粋

不満からは何も生まれません。
工夫は何かを生み出します。

工夫をする人は不満を言わないし、不満を言っている人は工夫をしません。
工夫と不満はスイッチの両面なので、必ずどちらかに入ります。
これは基本的な思考回路です。