ホーム記事一覧取材ノート

取材ノート 2703号(2017/07/17)
「その日」を見つめて

編集部 増田翔子
 高校生の時、ちょっとした話題になった試験がありました。

 それはある夏の日、現代文の試験中のことでした。シーンとした教室から鼻をすする音や何かを我慢しているような声が聞こえてきました。

 試験が終わるとみんなが大騒ぎ。実は問題に使用された小説があまりに感動的で、泣く生徒が続出したのです。

 その小説のタイトルは『その日のまえに』(文藝春秋)。重松清さんの連作短編小説集です。

◎          ◎


 収録された七つの短編に共通するのは、どれも「大切な人の『終わり』に直面する」ということ。

 そのうち後半の3編、『その日のまえに』『その日』『その日のあとで』には、ある家族のことが描かれています。

 登場するのは、「僕」と妻の和美、中学3年生の健哉と小学6年生の大輔です。

 妻・和美の余命が1年足らずだと宣告され、「僕」は和美と一緒に思い出の場所を巡ります。

 2人はいつしか、いずれ訪れる和美が亡くなる日を「その日」と呼ぶようになりました。

 和美の強い意志で、健哉と大輔には病気のことを知らせていませんが、ついに「その日」はやってきてしまいます。

 久しぶりに病室で家族4人が揃い、「僕」と子どもたちの前で和美は静かに息を引き取りました。

 そして「その日」から3か月が経ち、「僕」は和美が亡くなってからずっと胸の中にあった重石がどんどん軽くなっていることに気付き、考えます。いつか和美のことも「思い出さなければ」いけなくなるだろう、と。

 それは和美の死から立ち直ることができたからなのか、それとも和美を忘れてしまったからなのか…。

 「その日」で止まってしまった和美と、「その日」のあとも歩き続けていく家族の物語です。

◎          ◎


 あとがきにて、重松さんは「『生きること』と『死ぬこと』、『のこされること』と『歩きだすこと』をまっすぐに描いてみたかった」と語っていました。 

 重松さんもこの物語の執筆中に、大切な恩師の「終わり」に直面しています。だからこそ、物語からは「のこされること」のつらさや悲しさが痛いほどに伝わってきます。

 「その日」のあとで、のこされた人たちはどのように「死」と向き合えばいいのか? 生きていく意味や死んでいく意味はどこにあるのか? 物語の中ではこのように言っています。

 「それを考えることが答えなんだと思います」と。

 『その日のまえに』、他4編も涙なしには読めないお話です。ぜひお手にとってみてください。
最新号

2704号2017年07月24日発行

カレンダー
<前月  2017年07月  翌月>
 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
ブログ
  • 水谷もりひとブログ
  • くるみノート
  • とね書
  • スタッフブログ