日本講演新聞は、各種講演会を取材して、面白かった話、感動した話、心温まった話、ためになった話を講師の方の許可をいただいて掲載している新聞です。

 見本紙・ご購読申込はこちらです。

読者の声
会員さまお問い合わせ

最新号のお知らせ≫バックナンバー

2020年8月10日 2846号

null

伝え方のレシピ
コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師
佐々木圭一さん
プロが唸った、上手な伝え方 ~ファストフード店員から言われた一言~


…テレビを観たり誰かの話を聞いたりして、「この言葉沁みるな」と思うことってありますよね。そういうものを見つけたら、僕は必ずノートにメモを取っていたんです。ある時そのノートを見ていたら、「これらの言葉には共通点がある」と気づきました。これは、…【続きはこちらから】

社説
「赤紙を受け取った乙女たちがいた」
魂の編集長 水谷謹人
劇場に足を運ぶことを忘れないで


兵庫県小野市の開業医・篠原慶希(しのはら・よしき)さんからバーコードのない一冊の本が届いた。自費出版されたものだろう。同じ町に住む御年(おんとし)95歳の治居冨美(はるい・ふみ)さんの本である。恥ずかしながらこの本を読むまで、戦時中、召集令状(赤紙)を受け取った女性たちがいたことを知らなかった。冨美さんは言う。「“明日があるから”なんて思えない時代でした」と。そして、…【続きはこちらから】