日本講演新聞は、各種講演会を取材して、面白かった話、感動した話、心温まった話、ためになった話を講師の方の許可をいただいて掲載している新聞です。

紙版の見本紙 (PDF)
WEB版のサンプルページ

見本紙を一ヶ月無料でお届けしています。

読者の声
会員さまお問い合わせ

最新号のお知らせ≫バックナンバー

2020年1月20日 第2820号

null

志に生きる
志ネットワーク代表 財団法人「松下政経塾」元塾頭
上甲 晃さん
「割れる陶器だから持たせるそれが教育というものです」


…昭和56年10月、40歳の時に松下幸之助が設立した財団法人「松下政経塾」に出向になりました。宮城さんは松下政経塾の理事でした。その宮城さんが松下政経塾に一度だけ来られたことがあります。お昼になり、塾生と同じ食堂でお食事をされました。その時、こうおっしゃいました…【続きはこちらから】


社説
「平和とは肯定し承認すること」
魂の編集長 水谷謹人


昨年末、漫才日本一を競うMー1グランプリに、かつてない芸風のコンビが登場した。ボケ役のシュウペイとツッコミ役の松陰寺太勇のコンビ「ぺこぱ」である。成績は3位に終わったが、審査員から「新しい漫才」「平和的で気持ちよかった」と高く評価されていた。何が新しくて平和的なのかと言うと…【続きはこちらから】