日本講演新聞は、各種講演会を取材して、面白かった話、感動した話、心温まった話、ためになった話を講師の方の許可をいただいて掲載している新聞です。

 見本紙・ご購読申込はこちらです。

年賀広告お申し込み

最新号のお知らせ≫バックナンバー

2021年 10月18日 2903号

null

いのちを守る気象情報
気象キャスター/朝ドラ「おかえりモネ」気象考証担当
斉田季実治さん
なぜ私は気象の道を選んだのか?


…今回は、なぜ私が、気象の道を選んだのかをお話しさせてください。父の転勤で引っ越しが多かった私は、地域によって雨の降り方が違うなど、幼い頃から天気への興味・関心がありました。そんな私が、本格的に気象について学んだのは、大学生のときです。北海道大学水産学部で、海洋気象学を専攻しました。「乗船実習」というものがあり、…【続きはこちらから】

社説
心の目で見る人間の弱さ、強さ、面白さ
魂の編集長 水谷もりひと


…視覚に障がいのない人を「晴眼者」と呼ぶそうだ。晴眼者は意識を集中させる時、目を閉じて外界を遮断する。周りの景色が見えていると意識が集中できないからだ。では、視覚障がい者は、意識を集中させる時、どうするのだろう。富田選手と同じ目の難病「網膜色素変性症」で17年前、47歳の時に失明した心理カウンセラーの西亀真さんに聞いてみた。たとえば、…【続きはこちらから】