バックナンバー

ホームバックナンバー ≫ 2021年4月5日 2877号

2021年4月5日 2877号

null

今読みたい古典のはなし
京都産業大学文化学部 教授
小林一彦さん
75歳からが本番だったとある歌人の一生


…『新古今和歌集』に入集する歌人に、藤原俊成という人がいます。「この世をばわが世とぞ思ふ望月(もちづき)の~」という歌で有名な藤原道長の子孫であり、新古今の撰者・藤原定家のお父さんでもあります。彼はものすごく古典を大事にしていた人で、『新古今和歌集』には72首もの歌が載り、和歌の発展に大きく寄与したと評価されています。
藤原俊成の人生は決して順風満帆なものではありませんでした。まず10歳の時に…【続きはこちらから】

社説
世の中から一番無くしたいこと
魂の編集長 水谷謹人


…映画『ひとくず』は、「悪人で凶暴な男だけど、時々優しい」という「金田」が主人公である。物語は、彼があるアパートに空き巣に入るところから始まる。入った部屋はゴミだらけで、食べ物はなく、電気もガスも止められていた。そこで金田が見たものは、突然の侵入者に怯える小学校低学年くらいの少女だった。その子を見た瞬間、金田の脳裏に虐待されていた子どもの頃の記憶が蘇った。彼は少女をつれてコンビニに行き、食べ物を買い与えて立ち去る。しばらくして少女のことが気になった金田は…【続きはこちらから】