とね書

ホーム ≫ とね書

刀根淑子
みやざき中央新聞スタッフ、刀根淑子が描く書をご紹介します。
刀根は、「墨友」 漢字、師範を取得しておりますが、とね書につきましては、枠から大きく外れた絵画のように表現しております。好きな言葉などを気まぐれに筆を走らせておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

縦糸の読書

null






※注意するところ:長文なので途中で疲れます。



『子どもの学力と親の年収は比例している。』
随分前に、九州大学助教、佐藤剛史先生がFBに投稿しているのを見たとき、憤りを感じました。

その投稿を見た日私は、家に帰り夕食を囲みながら、家族でそのことについて話し合ったことがあります。
宮崎の公立高校に通っている子でも、一流の大学や、国公立の大学に進学する子たちも多くいます。その子たちが全員、医者の息子か、弁護士の娘かというとそうでもありません。

その時は、年収だけじゃない!と家族全員で負け惜しみを言いいながらも、でもねぇ、お金があるところは、塾に通わせたり、家庭教師に見てもらったりと、教育にお金を掛けられるから当たり前って言えば当たり前だよね。
むしろ、そんな境遇にいない田舎の子どもたちが国公立の大学に進学するのって、ほとんど自力じゃん。本当にすごいよね!って。

しかも、いい大学に進んでいい会社に就職して、それが幸せ?というと決してそうではないのは分かりきったことだよね!
と、その時の会話はそれで終了しました。

それでも私は、我が家の年収の低さをずっと気にしていましたし、そんな境遇の家の子に生んじゃって、学歴のないかーちゃんでごめんねと自分を責め続けていました。



週末、佐藤先生が宮崎大学で講演されることを知ったので、聴きにいきました。
当然、その話も出るだろうと思い、思い切って質問してやろう!と思いました。
けれど納得してしまいました。年収の低さにではありません。
年収が低くたって、立派に学力を伸ばせる子たちが確かにいるということを。
それは、語彙力だということなんです。
ようやく納得できた言葉でした。

幼少期には読み聞かせを充分にやり、家庭内での対話を大事にし、小学校に上がる頃には自分でも本を読むような家庭環境にある子たちは当然語彙力がつきます。

以前、みやざき中央新聞の社説「2554号(2014/05/19)限界ラインは誰が引いたのか」に登場したソフトバンクのCEO・孫正義氏だって、極貧の子ども時代を過ごしてこられたのです。それでもお父さんから「お前は大物になるぞ」とか「お前は日本一になるぞ」と、よく言われて育ち、本人も「ひょっとしたら俺は天才かもしれん」と思い込むようになったそうです。



現在ある仕事の殆どは、将来AIに取って変わるという話は有名ですね。
将棋の世界でも、AIの頭脳と対決して勝てないなどと言われます。
イオンではレジに並ばずして、レジのかわいいお姉さんと代金のやりとりをすることも無く、自分でピッピッと会計を済ませられます。

では、AIに東大の入試問題を解かせて合格できるかの実験をした時にどうなるか。
・・・実は合格できないそうです。
AIは言語処理能力に欠けるそうなんです。
数学の計算処理はできても、文章を理解して回答する応用問題や、国語や英語の言語を主とする問題は偏差値50以下という結果が出ていました。
要するに、AIの時代が来ても、言語能力さえ身につけておけば、AIに振り回されない仕事も確かにあるということです。
芸術やスポーツ選手もAIとは無縁ですね。

さて、佐藤先生の講演を聴いた日の午後、私は東京江戸川区に『読書のすすめ』というお店を構える本屋、清水克衛店長の『逆のものさし講』に参加しました。


『逆のものさし講』と言うのは、「本を読みなさい!」と言っているのではなく、「本を読みたいという人を増やしたい」という気持ちで始められた講座だそうです。

現代の30代~40代の若者がひと月に読む本の平均冊数は1冊にも満たないそうです。
一方、年収3,000万以上稼ぐ人たちは、平均で月に10冊弱もの本を読んでいるそうなんです。
忙しいから本を読む暇がないなんて、泣き言を言っている場合ではありませんね。

清水店長は、読書こそがAIに振り回されない人生を送ることができるのだ!と、佐藤先生と同じことをおっしゃいました。

『正反合』という言葉があり、正しいと思うことを反対から見て、その両方を合わせ持って考える事が大事だと教えていただきました。

外的開花は、例えば、今までは歩いていた人々が、自動車という便利なものができ、みんなが車に乗り始め、車に合わせる人(社会のことかな?)になっていくこと。
内的開花は、車に合わせる社会で果たしていいのだろうかと、考えることだそうです。
そうやって考えることによって、人々は次元上昇(アセンション)する事ができるとおっしゃいました。

『時代が変わっても変わらない読書』、これを縦糸の読書と言うそうです。

私はこれまで、清水店長がオススメする本は内容が小難しくて、読んでいても中々ページが進まないので、自分のレベルにあった本ばかり選んでいました。
けれど、文字の読める大人が、少し難しい本を読んで考える力を培わないでどうするんだと一蹴されました。
セミナー中毒になって勉強したつもりになっているよりも、読書をしてさえいればそれで充分勉強できるんだともハッキリおっしゃいました。確かに。
これが勉強することなんだなと思い、この本を買って帰った次第です(笑)

null

ナポレオン・ヒルは、「思考は現実化する」で有名な方です。
この「悪魔を出し抜け!」は、その同じ時期に書かれた本でしたが、70年もの間封印され、今になってようやく文庫化された本らしいのです。
内容はまだ読んでいないのでおはなしできませんが、この世の人々の98%は悪魔に操られていると言う、悪魔との対話形式で書かれています。
そして、どうしても操られない人がいると。それはどうやら考える人らしいんですね。
清水店長はハッキリいいました。
考える人は縦糸の読書ができる人なんだと。

今、宮崎では「日本一の読書県にしよう」と、プロジェクトがスタートしています。
語彙力を磨き、縦糸の読書ができるカッコイイ大人になるための努力をしようと、改めておもいました。



熱くなりすぎてすみません。
今後、まとめる能力も身につけたいと思います(汗)

全体最適化理論

null




その昔、「タートルネック」のことを「とっくり」と呼んでいた時代がありました。
何を隠そう、私はそのことを知っていますし、
しかも子ども時代、完全なる常用語として使ってました♪

あぁ… いいですね~。昭和の古き良き時代。
みんな貧乏だったけど幸せでした。

いったい私は何歳なんでしょうね。

ところで、ジャパネットたかた創業者、
高田明氏の著書『伝えることから始めよう』の中に
「ボトルネック」のお話が登場します。

それで私、連想しちゃったんです、
この「とっくり」を。(不思議)
以下、転載で失礼します。

エリヤフ ゴールドラットさんが『ザ・ゴール』という著書の中で『ボトルネック』ということを言われています。ゴールドラットさんは、元々はイスラエルの物理学者ですが、全体最適化の『TOC』(theory of constraints)理論の生みの親として知られている方です。
TOC理論を私なりに簡単に解釈すると、物事はとてもシンプルで、いくら複雑に見えていても、すべての問題は、本質的な原因(ボトルネック)を探していて、そこさえ解決すれば、なかなかなうまくいっていないとしても、100の部署すべてに問題があるのではなくて、連携であるどこかに問題がある。その問題さえ解決できれば、全体が最適化されるということなんですね。
それを読んだときに、自分がやってきたことはそういうことだったんだと思いました。私がやってきたことは、なぜ売上がもっと上がらないのか、それを机の上で考えるのではなくて、現場に立ってボトルネックを探し続けてきたことだったんです。そして、今を一生懸命に生きていないと、ボトルネックは見えてこないんですよ。



そう、この「ボトルネック」です。
ボトルネックと言うとスマートですが、
私はあの、「とっくり」を連想しちゃったわけです。
人の身勝手な連想って怖いですね。(別に怖くない)


はい!皆様の心にズババババーン!と
「とっくり」が印象付きましたところで、
お話を元に戻します。


現在の環境全体が問題で埋め尽くされていると、
もうどこから手を付けていけばいいかわからなくなることはないでしょうか。

けれど本質的な問題を1か所見つけることで、
芋づる式で環境全体が一挙解決できるということなのでしょうね。

とにかく一生懸命に生きて、
問題となっている「とっくり」を探し続けた先には、
お悩み、難題、一挙解決~。
「全体最適化完了!」となる・・・ハズです。



それにしても高田氏、デスクで指示を出すだけではなく、
常にご自分の足を使って現場で問題解決をしていたんですね♪
あっちゃん、カッコイイ!(叱られる)



「とっくりはデスクで起きているんじゃない!現場で起きているんだ!」
ってことでしょうか ^^;




そうそう、エリヤフ ゴールドラットはイスラエルの物理学者だそうですが、
私はアメリカの物理学者、リチャード・フィリップス・ファインマンのファンです。

『ご冗談でしょう、ファインマンさん』

この本、物理学が身近に感じるほど最高に面白かったです。



動画もやってます。

今を生きる

null


『今を生きる』

7月31日 第2705号の社説に登場した、
ジャパネットたかたの創業者、
高田 明さんの著書を読みました。


『僕は、なーんにも特別な能力は持っていません。
ただ目の前の問題がどうやったら解決するのか、
一生懸命に考えて実行しただけです。』

っておっしゃるのですが、
私には、どうしても超人にしか見えませんよぉー。

皆様は、TVショッピングで見せるあの元気パワーは
どこから湧いてくるんだと思われますか?

自慢じゃないですが私はヘタレです。
ちょっと出かけるとすぐにダウン。
体力がないんです。
どうしたら、高田さんのようなパワーがみなぎるんでしょうね。
秘密はこの本に隠されています。

しばらく高田語録が続く・・・




かも(^o^)


null

これだけ変化が速くなれば、
未来のことなんて誰にも予測がつきません。

明日の株価が正確に予測できる方はいらっしゃいますか?

アインシュタイン並みの脳を持った人が
何百人も集まったって、
明日の株価も当たらないのが今という時代です。

わかるはずのない明日のことに頭を悩ませて、
そこに心がとらわれていたら、
今が疎かになります。

ですから、私は一生懸命に「今を生きる」ということが、
すべての悩みを解決し、
もし成功ということがあるとすれば、
「今を生きる」ことが皆さんを成功に
導いていってくれるのだと思います。

伝えることから始めよう ジャパネットたかた創業者 高田 明 著




これよー、これこれ。

null





先日、こーんなのんきな宮崎の町に、
東京は江戸川区から「読書のすすめ」という本屋を営む、
清水克衛さんがお越しになり、
『逆のものさし講』という
大人が本当の大人になるための勉強会がありました。

大人が本当の大人になるー?
えー?エッチな話じゃぁないですよ、お客さん!
でもここだけの話、かなりアダルトなお話でした。

前半、「今日の勉強は上、中、下とあるんですが、どのランクで話しましょうか」
と清水講長。
思わず、「中の上でお願いします」と答えてしまいまして。
(「中の上」に高をくくっていました)
それはそれは高度なお話であったわけです。
が!!!とーーーーっても大事なお話をされたんです。
大人が本当の大人になるためのね。


生きるとはなんぞや。とか・・・
800年周期で東洋と西洋が入れ替わる。とか・・・
日本は70年周期で変わっていく。とか・・・
今の常識を疑ってみろ。とか・・・
現代人は喜怒哀楽がバラバラだ。とか・・・

ね?どんなお話だったのか、興味が湧いてきませんか?


それで私も必死でついていこうとして、
ガシガシ~ガシガシ~とメモを録ったんですが、
このメモを元に上手くまとめきれないときた。

としちゃん!そんなことじゃ、
「だめよー、ダメダメ!」(懐かしや)

けれどこの難しい内容を天才的にまとめた人をみちけちゃったもんね、としちゃんは。
何を隠そう(隠さない)
居心地屋やまぢ」の女将、黒木素弓さんです。

彼女がスンバらしく、きれいにまとめたものがこれ。

生きるってどういうこと?

喜怒哀楽の話


私が言いたかったのは、あぁ、これよー、これこれ!





動画はじめました。
チャンネル登録してね☆


お困りごとある?

null



私たちのカスタマーフロアは、いつも賑やかです。
言っておきますが、決して私語をしているわけではありませんよ。笑

私たちは、いかにこの『みやざき中央新聞』という素晴らしい新聞を広げていくかについて、社長や編集長におんぶに抱っこされずに、自分たちでできることは何かを話し合っているわけです。まるで私語のように。

そんな時、この本に出合いました。
その名も!!!
ジャーン!
井上裕一郎著『Thinking to Create』 ~現代書林

null



井上氏は『お困りごとの中にビジネスチャンスの種がある』と言っています。
そう、お困りごとはダイヤの原石ってことです。
世の中のお困りごとを私たち(もしくは自分)の強みで解決すると新しいビジネスが生まれる。と、こういうわけです。

この本のタイトルにもあります、『クリエイティヴ』ってコトバですが、これまでは、今までにないものを生み出すという感覚でした。しかし、リーマンショックや東日本大震災を境に、問題を解決するという感覚に変わってきているそうです。

かつて、広告や宣伝が主流の売り手優位だったものは、情報ビックバンによって、facebookやYouTibe、twitterのように、身近で本質的で信用できるといった消費者優位になりました。

先週号の増田翔子の取材ノート、『「その日」を見つめて』もfacebookでたくさんのいいね!をいただきました。そしてそれを読んでくださった方々が重松清氏の本を購入されたり、社内でもCDを聴いたり、本を回し読んだり、購入する社員までおりました。
今や、モノやサービスの価値は『売る』ことより、『共感』するところにあるんです。

クラウドファンディングというコトバ、最近よく耳にするようになりました。
こんなアイディアを実現したい。でも、資金が足りない。
協力して欲しいのでネット経由で資金の提供や協力を呼びかけ実現していく。
SNSの口コミで大ヒットに繋がったアニメ映画『この世界の片隅に』は、まさにこの、クラウドファンディング手法だったというわけです。

お困りごとを解決するにはまず、私たち(または自分)の強みに気づくことです。
自慢できることより、周りの人たちからいいね!と言われること。
価値を見出す鍵となる=キーバリューをたくさん見つけることです。

橋本螺子というネジの会社は、生産拠点が海外にシフトしていったことで、下請けを脱却して『ねじブロック』という自社ブランドを作って大ヒットしたそうです。

しかしこうしたアイディアは何もないところから湧き出るものではなく、いろんなキーバリューの組み合わせから生まれるんですって。
だから、私たちカスタマーフロアのおしゃべりは、キーバリューの宝庫なんですよ。
決して私語なんて言わせるもんですか。

で、私思うんです。
現在連載中の西亀真さんにしても、髙橋惠さんにしても、来週(7月31日号)の社説でも紹介されるジャ◯ネットた◯たの社長さんも、皆さんご自身の強みに気付いていらっしゃる。そして極めつけに実際に足を動かしていらっしゃる。
困りごとの解決をしていく人たちは、皆、『強みに気づき、足運びしている』のですね。

『お困りごとの中にビジネスチャンスの種がある』に、いいね!