ホーム記事一覧取材ノート

取材ノート 2740号(2018/05/07)
トイレの中でキョロキョロするな!

中部特派員 山本孝弘
 昨年11月20日号の「転載・過去・未来」にトイレの落書きについて書かれた話がありました。

 どうにもなくならない落書きに業を煮やした掃除係の女性が、「ここは私の神聖な職場です」と張り紙をした途端、落書きが消えたとのこと。その発想と効果に感服しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~


 私が通っていた大学も落書きが多かったです。政治的なメッセージのような落書きが目立ちましたが、中には一風変わったものもありました。

 ある時は個室のドアを開けると、「よく来たな! まあ座れ」と書いてありました。言われなくても座ります。

 またある時は座ると正面に小さな字で「右を見ろ」と書いてあります。右を見ると、「左を見ろ」と書いてあります。左を見ると、今度は「後ろを見ろ」とあります。後ろを見て、「やられた~」と思いました。そこには「トイレの中でキョロキョロするな!」と書いてありました。

 最初は意味が分かりませんでしたが、何度か見るうちにある日、「なるほど!」と合点がいった落書きもありました。こんな落書きです。

 「トイレは思考と空想をする所である」…意味分かりますか?

 落書きも進化しているようです。最近では洗浄便座の「温水」のランプの横に俳優の温水洋一さんの顔写真が張り付けてあるいたずらもあるとのこと。これも落書きの一種なのでしょうか。そのセンスと労力を他で活かしていただきたいものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~


 よく飲食店やコンビニのトイレに、「いつも綺麗にご利用いただきありがとうございます」という張り紙があります。性善説に立ったその張り紙は爽やかです。あまり綺麗に利用しない人にも意識させる効果はあると思います。

 愛知県新城市の市役所の男子トイレにも面白い張り紙があります。

 「役所」というとお堅い感じがしますが、この張り紙を貼ることを提案した人のセンスと許可した人の許容力にあっぱれです。小便器の前に貼られた、イラスト付きのこんな張り紙です。

 「いそぐとも こころしずかに てをそへて そとにもらすな まつたけのつゆ」    

 松茸の方、シメジの方、いろいろだと思いますが、どのトイレも利用する人、掃除をする人、みんなにとって気持ちよい場所でありたいものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~


 いろいろな国に行きましたが、日本のトイレの清潔感、機能は群を抜いて素晴らしいです。外国人旅行者が多い昨今、つまらない落書きはやめ、日本のトイレ文化を綺麗に見てもらいましょう。

 温水洋一さんの顔写真が面白いといっても絶対マネしないでくださいね。

(中部特派員/山本孝弘)
お友達紹介
カレンダー
<前月  2018年05月  翌月>
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
ブログ
  • 水谷もりひとブログ
  • くるみノート
  • とね書
  • スタッフブログ