ホーム記事一覧転載・過去・未来

転載・過去・未来 2679号(2017/01/23)
その12 一言、「寂しい」と~最期は誰に側にいてほしいですか?~

イエズス聖心病院 みこころホスピス・看護師 泉キリ江
 多くの方の終末期に関わってきて、「寂しい」という感情の大切さに気付かされたことがありました。

 1人の患者さんが朝、ナースコールをされました。

 私は「寝返りがしたいんです」とか「お茶を飲ませてください」とか、そういうことを言われるのだろうと思ってお部屋に行きました。

 「どうなさいました?」と聞いても、彼は目をつぶったまま何もおっしゃらないんです。すると「座ってください」と言われました。

 何かお叱りを受けるのかなぁと思っていると、その78歳の男性は心から搾り出すような声で「寂しいんですよね」とおっしゃったのです。

 私は呆然としました。これまで「寂しい」という言葉に関わったことがなかったので、何をどうしたらいいのか分かりませんでした。

 そしてやっとの思いで「どなたに側にいてほしいですか?」と聞くと、即座に「家内です」と言われました。

 その方の奥さんは朝の9時半くらいから夕方の5時半くらいまで毎日病室に来て、夜はいつも帰っていました。でもその日、まだ奥さんは来られていなかったのです。

 私が「次はどなたですか?」と尋ねると、また即座に「子どもです」と言われました。

 しばらくして奥さんがお見えになりました。

 私は「奥さんかお子さんにずっと側にいてほしいそうです」と言いました。すると奥さんは、笑いながら「お父さん、何で早く言わんかったとね。けんちゃんと相談して今日から考えるわね」と言っておられました。

 その晩から息子さんと娘さんが交互に病室に泊まり、朝一番に来た奥さんと入れ替わってくださるようになりました。

 すると彼はとても穏やかな精神状態になりました。そしてご自分の年金のことやお通夜のこと、葬儀のことまで相談して、最期はやすらかに逝かれました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~


 患者さんにとって一番側にいてほしい人は、男性ならば奥さん、女性ならばご主人です。

 でも、そうでないご夫婦もいます。「結婚した時から苦労をかけられてきました」という結婚して43年間、恨みつらみでいっぱいの奥さんもいらっしゃいました。

 でもご主人はあと2週間の命かもしれない。

 私はご主人に「奥さんに『私の側にいてほしい』と言ってみませんか?」と言いました。彼は奥さんにそう伝えました。

 すると奥さんはご主人が亡くなるまでの2週間、毎日お弁当を持ってくるようになりました。

 その間にご主人の誕生日が来たので、「夫婦茶碗」をプレゼントしました。

 ご主人が亡くなった後、奥さんは「これは私の宝物になりました」と言っておられました。

 私たち看護師の役割というのは、「側にいてほしい人」が側にいられるような環境づくりをすることだと思っています。それは医療者ではなく家族なんですね。

 ですから私たちは家族がいらっしゃるときは処置も回診も後回しにします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~


 中には家族がいないという方もいます。

 そんな「寂しい」という患者さんには、昼間はボランティアの方の協力を得ますし、看護師もその方の部屋になるべく長い時間いてあげるようにします。その努力が必要だと思います。

 「何を一番大切にしているのですか?」と問われれば、私たちは「患者さんが今してほしいことをすることです」と答える以外にはないと思っています。

(2000年12月18日号より)


★このコーナーは過去26年のバックナンバーの中から選りすぐりの記事に加筆し、読み切りで転載しています。
最新号

2723号2017年12月18日発行

カレンダー
<前月  2017年01月  翌月>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
ブログ
  • 水谷もりひとブログ
  • くるみノート
  • とね書
  • スタッフブログ