ホーム記事一覧転載・過去・未来

転載・過去・未来 2810号(2019/10/28)
その136 大人の頭 子どもの目~「おなら」だって詩になる~

詩人 南邦和
 子どもが書いた「ごみはえらい」という詩があります。

ごみはえらい、だっていろんなものにへんしんできるから
すてられたらリサイクルされる
だからへんしんするのさ
たとえばアルミかん、それにぺットボトル、さらに板やふくろ
だからごみはえらいのさ


 大人は「ごみは汚い」と思うので「ごみが偉い」なんていう発想はなかなか出てきませんよね。

 子どもたちは素直に思ったことを書いていくのでとても素晴らしい詩ができるのです。

 子どもたちに詩を書かせる時、まず私は「どんなものが詩になるか」というお話をします。

 「きれいなものだけでなく、きれいでないものも詩になりますよ」と言います。あえて「汚いもの」とは言いません。

 その時によく引用するのが次の「うんこ」という詩です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~


…うんこというものはいろいろなかたちをしている
いしのようなうんこ、わらのようなうんこ
うんこというものは、いろいろないろをしている
うんこというものは、くさやきをそだてる
うんこというものを、たべるむしもいる
どんなうつくしいひとのうんこもくさい
どんなえらいひともうんこをする
うんこよ、きょうもげんきにでてこい


~~~~~~~~~~~~~~~~~


 これは詩人の谷川俊太郎さんの詩です。この詩を読むと子どもたちはゲラゲラ笑って喜びます。

 「君たち、うんこ汚いと思う?」と聞くと、「きたねー」と子どもたちは答えます。

 「じゃあ君、うんこしないの?」と聞くと、「するよ」と言います。

 「じゃあ、うんこしなかったらどうなる?」と聞くと、「死ぬよ」と言います。

 「うんこっていうのは人間にとってすごく大切なものだよね。汚いけれど役に立つ。うんこがなかったら人間は生きていけない。うんこをするっていうのは、人間が生きる上で、生命を維持する上でとっても大切なことなんだよ」と言うのです。

 すると、子どもたちは気付きます。そして子どもたちのうんこを見る目がそれまでとは変わるのです。

 こんな発見をしていく中で子どもたちは「詩ってそんなものなんだな」と思います。

 それまで、「虹は美しい」「花はきれい」と、きれいなものばかりを書いていた子どもたちが途端にみんなうんこの詩を書き始めるからとても面白いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~


 もう一つ、「おならはえらい」という詩をご紹介します。

おならはえらい
でてきたとき、きちんとあいさつする
「こんにちは」でもあり、「さようなら」でもある
あいさつを、せかいじゅうのどこのだれにでもわかることばで
えらい、まったくえらい


 これは、児童詩の分野の第一人者で、「ぞうさん」を書いたまどみちおさんの詩です。

 「詩というのは何を書いてもいいんだよ。美しいものも美しくないものも、人間が生きる上で大切なものはみんな詩になる。見えないものも詩になる。想像するというイメージの力で、見えないものを見えるように書いてごらん。それも大切な詩の世界だよ」と、私はいつも子どもたちに伝えています。

(2005年12月5日号、12日号より)

2810muryo1.jpg
2810muryo2.jpg
お友達紹介
2810号
    カレンダー
    <前月  2019年10月  翌月>
     
     
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
     
     
    ブログ
    • 水谷もりひとブログ
    • くるみノート
    • とね書
    • スタッフブログ