ホーム記事一覧転載・過去・未来

転載・過去・未来 2872号(2021/02/22)
その183 『会いたかった』を聴いてみて…

魂の編集長 水谷謹人
 新宿で開催された「にんげんクラブ東京大会」に参加した。

 講演された㈱本物研究所代表・佐野浩一さんが、冒頭、アイドルグループ「AKB48」の『会いたかった』の歌を紹介した。歌詞にこんなフレーズがあった。

 好きならば好きだと言おう
 ごまかさず素直になろう
 
 すごい歌詞だ。若い女の子が「好きなら好きと言おう」と盛り上がっている。「密かに思いを寄せる」なんて時代じゃなくなったのか。

 そして、佐野さんは会場の中高年の参加者にこう言った。

 「皆さん、この歌、めっちゃくちゃ売れているんですよ。たくさんの若者がこの歌を受け入れているんですよ」と。 もちろん、この歌が大ヒットしていることくらい知っている。

 ただ若者向けの歌である。「我々大人が好きな音楽のジャンルは違う」と思っていた。

 だから、佐野さんの次の言葉にハッとした。

 佐野さんいわく、「僕はAKB48を通して娘を理解することができました」

 どういうことか。

 「我々中高年世代にとって興味もなく、じっくり聴きたいとも思わないあの歌やあのグループを受け止められないということは、あの歌やあのグループを好きで好きで堪らない若い世代も受け止めることができないのではないか」と、佐野さんは『AKB48』が大好きな娘さんと接しながら、ふと思ったというのである。

 そして、「受け入れなくてもいいけど、受け止められないのはとてももったいないんじゃないか」

~~~~~~~~~~~~~~~~~


 この話を聴いた後、『会いたかった』という歌をじっくり聴いた。

 この歌の向こう側にいる中学生くらいの子どもの「言葉にならない思い」に触れたような気持ちになった。と同時に遠い昔の、自分の中学時代を思い出した。

あの頃、フォークソングが若者の心をつかんでいた。思春期のど真ん中にいた我々は、ちょうど経済成長と受験戦争の狭間でうごめいていた。

 何に反抗しているのかも分からず、何になりたいのかも分からず、どこに向かっているのかも分からなかった。

 もやもやとした言葉にならない思いを抱きながらフォーク歌手のように髪を伸ばし、薄汚いジーンズを履いて、ギターを弾いていた。

 そんな時代に、父親が言う言葉はいつも決まって「勉強しているのか?」だった。

 あの時代の大人は、子どもが夢中になっているものに見向きもしなかった。若者の文化を否定する大人も少なくなかった。

 もしあの時、父親が「なかなかいい歌だなぁ」とか「これは誰の歌なんだ?」とか「ギター、うまくなったな」などと一言でも言ってくれていたら、もっと父親とコミュニケーションができたかもしれない。

 いつの時代も子どもは本当はもっと親とコミュニケーションしたいんじゃないか。でも、子どもが夢中になっていることを否定したり、無関心であったり、受け止めないでいることで、子どもは親とどんな会話をしても面白くないと思ってしまうんじゃないだろうか。

 夢中になれるものを見つけた若者の目はキラキラしている。

 佐野さんが言うように、その彼ら彼女らが夢中になっているものを受け止めないのは、もったいないと思えてきた。 

 
(2011年3月7日号の社説より)
この記事をシェアする
Web日本講演新聞
2872号
    カレンダー
    <前月  2021年02月  翌月>
     
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
     
     
     
     
     
     
    ブログ
    • 水谷もりひとブログ
    • くるみノート
    • とね書
    • スタッフブログ