スタッフブログ

ホームスタッフブログ ≫ 『そっと渡したい気持ちがあります』

『そっと渡したい気持ちがあります』

みなさまこんにちは(・∀・)
スタッフのごとうです
蒸し暑いような、肌寒いような毎日ですね
今回もゆるりとまいります
おやつ片手にどうぞ~


さてさて、巷にあふれる言葉の数々
その中でも「おっ」と惹かれてしまうのがキャッチコピー

印象に残るキャッチコピーは、興味を抱く入り口になりますね
そんなキャッチコピーについて、ちょっと調べてみました

まず、キャッチコピーといっても様々あります


・理想や理念を掲げたキャッチコピー
 (企業が何を求め、どんなものを消費者に提供しようとしているのかを表現)

・商品や企業の特徴を一言で言い表したキャッチコピー
 (その商品やサービスを利用する最大のメリット、興味を引く部分や面白みは何なのか、それを使うとどうなるのか、ということを、具体的にイメージさせる)

・商品の質の良さイメージさせるキャッチコピー
(商品の良さを表すために、様々な表現を使って「品質がいい」ことを表現したタイプのキャッチコピー。消費者にいいイメージを抱かせることが目的)

そのほか、

・CMなどで繰り返されて印象づけられたキャッチコピー
・洒落が利いているキャッチコピー
・表現や言い回しに感心させられるキャッチコピー
・印象に残る呼びかけ系キャッチコピー





などなど

思ったのは、キャッチコピーはいくつあってもいいんだ
ということ
(たくさんありすぎると、わけわからなくなりますが)

いつも目にする広告や、
繰り返し耳にするCM
気がつくと無意識に口から出てしまうこともありますね

たとえば、

「おいしいを、ずっと。あたらしいを、もっと」-ケンタッキーフライドチキン

「自然と健康を科学する」-ツムラ

「一瞬も一生も美しく」-資生堂

「カラダにピース」-カルピス

「やめられない、とまらない」-かっぱえびせん(カルビー)

「やっぱりイナバ、100人乗っても、大丈夫」-イナバ物置

「ココロも満タンに、コスモ石油」-コスモ石油

「愛は食卓にある」-キューピー



どこかで耳にしたことがある
そのキャッチコピーを聞くと会社名も口にすることができる
と、しっかりと覚えています
そしてその会社や商品に対するイメージも自然と結びついてますね


では、みやざき中央新聞でも
素敵なキャッチコピーがつけれないだろうか
と、頭を捻ってみたり、ちょっといいなと思うものを真似て作ってみました

「いいな」と思ったら
反応をいただけると嬉しいです(笑)


まずは、
みやざき中央新聞は温かいと言われますので、
ストレートに

null


『人のあたたかさをお届けします みやざき中央新聞』




次に
ちょっとひねってみて


null


『体温を感じる 一枚 みやざき中央新聞』

毛布のようなイメージにもなります(笑)






そして、新聞を読んでくださった方の姿をイメージして


null


『瞳に輝きを
口元にほころびを
みやざき中央新聞』

新聞を読んで
瞳がいきいきと輝き、
口元が和らぐことをイメージしました






null


『言葉は、人を、磨く』
ちょっと格好つけてみました






null


『言葉を変え、常識を変え、世界を変えていく』
ちょっとグローバル感を出してみました




最後に、



null






みやざき中央新聞を読んで、
「そう!そうなんだよ!」
と熱くなったり
「こう考えればよかったんだ」
と、視野が広がったり

そんなのときに
「あの人にも伝えたい」と思うことがあって
でも・・・

そんなときはそのまま新聞を渡してみてはいかがでしょう

7/2号は1部プレゼントがあります
この機会にぜひご活用くださいませ(^^)

最後までご覧いただき、ありがとうございました(*^^*)