スタッフブログ

ホームスタッフブログ ≫ お詫びするってどういうことだろう・・・?

お詫びするってどういうことだろう・・・?

日常生活でも仕事でも、相手の方を怒らせてしまうことってありますよね。

もしそれが「それ私にはどうしようもできないことなんだけど」という場合、
相手の方にお詫びするときに気持ちがモヤモヤしたりしませんか?

「お詫び」というのは自分に非があるかは別にして、まず「相手を不快にさせたことを謝る」ということなのだそうです。
感動>期待>不満という図式があって、期待を上回れば感動になり下回れば不満になる。

お詫びは「あなたの期待に応えられなくて申し訳ない」という気持ちを表すことでもあるようです。
最後は相手の方に感謝の言葉(例・そこまで私どもにご期待いただきありがとうございます等)を伝えて終わることが大切とのこと。

【もちろん色々なテクニックもありますが、お詫びすることは相手を思いやり心を
 こめて謝罪することにつきます。
 その思いは、相手に伝わりまわりまわって、自分に返ってきます。
 謝罪は、マイナスの行為ではなく自分の人間力を高めるプラスの行為です】
 
そうかあ、人間力を高める行為なのかと思ったら、すこし気持ちが明るくなりました。
いろんな経験をして、人間的に成長していきたいなと思います。
        
                                  小坂弘子