スタッフブログ

ホームスタッフブログ ≫ キレイごとじゃないのよ、使命は…HA HAN

キレイごとじゃないのよ、使命は…HA HAN

それは今から29年前、1991年のことです。

水谷もりひと(現/魂の編集長)は、ハローワークで
たまたま見つけた小さな新聞社で働いていました。

あるとき新聞存続の話になりました。

水谷は何を考えたのか、
「廃刊にするなら、この新聞を僕にください」と、
当時の経営者から譲り受けたのです。

蓋を開けてみると購読者はたったの500人… 

経営に行き詰っていたのでしょう。

しかし、水谷は
「良い情報だけを発信する新聞にしたい」と
今までの新聞の方向性を180度変えました。

新聞制作は、そんな想いを抱く水谷に委ね、

「部数は私が増やします!」と、
普通の主婦だった松田くるみ(現/会長)が営業を始めました。

家族4人を養うべく、部数拡大に奮闘した日々が続きました…

「こんなクソ真面目な新聞、だれも読まない」と言われたこともありました。

でも丁寧に、丁寧に広めていくうちに、

読者さんが自分のお友だちを紹介してくれるようになり、徐々に口コミで全国に広がっていきました。

様々な苦悩と困難を乗り越え、スタッフにも恵まれました。

そして2017年2月、読者の皆様のおかげで読者1万人を達成したのです。


「あの時、死にたいと思ったけど、今とても幸せです」という話が、自分も頑張ろうと希望を与え、

「だから私はこの活動をしているのです」という話が、自分も誰かのためにという力を与え、

「専門的な話」が、世界を広げ、

「だれもが反対し、批判したけど、あきらめなかった。そして夢をかなえた」という話が、一歩を踏み出す勇気を与えます。


90分の講演を、会場での感動をそのままに10~20程度にまとめ、1記事3分程で読めます。

日本講演新聞の使命は、「明るくポジティブな情報を得る習慣を提供することで、読む人の人生をより豊かなものにし、優しさや思いやりに溢れる社会を創る」ことです。

キレイごとかもしれないと、悩んだ日もありましたが、やっぱりここにたどり着きました。

キレイごとじゃないのよ、使命は…HA HAN

広報部 重春文香