スタッフブログ

ホームスタッフブログ ≫ 心の経営~思いと行動がぶれてはいけない

心の経営~思いと行動がぶれてはいけない

こんには、広報部の重春です。

あの、子どもの絵がトラックにラッピングしてある運送会社、
宮田運送の社長、宮田博文さんの
著書『社長の仕事は社員を信じ切ること。それだけ。』
読みました。

今の私にぴったりの本でした。

頭では分かっていた
「心の経営」の極意のようなものが、
すーっと心に入ってきました。

宮田さんのお話は、来週号(9月21日号)で連載がスタートします。

制作段階で読み、もう涙涙でした。

興味をもち、本を読んだら、経営についてのものでした。

私は、会長や社長が
「経営は心」とか「心の磨け」的な本
ばかりを読んでいるのを見ていて、
最近はいつも歯がゆい思いをしていました。

私はというと、
ここ1年はマーケティングや広告の勉強をして、
(心はもちろん大事だけど、)
売るための技術も勉強しないといけないと思っていたからです。

でも、この本を読んで、分かった気がします。

本のタイトルにもある「社長の仕事は社員を信じ切ること。それだけ。」

タイトルだけ見ると、
???がたくさん頭に浮かびましたが、
読み進めていくうちに、
とても重たく、胸に突き刺さりました。

宮田さんの経験から得たこの教え。

先日、㈱宮崎中央新聞社の経営計画発表会があり、
社長は「働いているスタッフが良い会社と思える会社をつくる」
「いい会社ですねと言われる会社をつくる」宣言しました。

これから日本講演新聞はもっともっと良い会社になると思います。

私はこの会社で働けていることが幸せです(^^)/