スタッフブログ

ホームスタッフブログ ≫ 辛いことが合っても「なんとかなる」の精神で~日本講演新聞 ...

辛いことが合っても「なんとかなる」の精神で~日本講演新聞 水谷もりひと 社説

☆★12月14日号の社説を動画でも紹介しています☆★
↓↓↓↓



2度の試練を乗り越えた男性のエピソードをご紹介します。
ひとつは「癌」です。
そしてもう一つは「交通事故による頸椎損傷」です。

二つ目の「頸椎損傷」は首から下が動かなくなってしましました。
こんな辛い試練を乗り越えた愛知県にすむ男性を取り上げました。

☆★社説のタイトル☆★
「何とかなる」と思えた人の人生は…


…こんな人に読んで欲しい!!…
●自分に降りかかっている境遇が辛いと感じていても、
それでも前向きに生きていきたい方
●↑そのような身内の方を支えたい方


では早速行ってみましょーーーう♪♪♪


愛知県岡崎氏在住の森本伸幸さんは現在64歳です。
今から24年前、40歳のとき、仕事でアメリカに行くことになり、家族で移住しました。
そこで、がんが見つかったんです。
ステージ4で、かなり進行していたそうです。
入院して、手術をし、抗がん剤治療をし
その副作用でムーンフェイス、スキンヘッドになりました。

たとえば友だちがそういうことになって
闘病生活をしている病室にお見舞いに行くと、
なんて言葉をかけたらいいのか分かりませんよね。

ですが、アメリカの病院ってすごく陽気なんだそうです。

毎日病室が明るくて、
誰も可哀そうとか思っていないみたいです。

「今生きているんだから今を楽しもうよ」
そんな空気に包まれていたそうです。

その陽気さも手伝って病状は回復し、
職場にも復帰できました。


しかし、、、

次なる試練が森本さんを襲い掛かりました。

交通事故です。

帰国の辞令が出たので、「送別会」ということで帰国1週間前、仲間とバイクでツーリングに出掛けたそうです。

そこでバイクが転倒し、
伸幸さんは首の頸椎(けいつい)を損傷して、
首から下が動かなくなりました。

先に帰国していた奥様も再びアメリカに戻って、
伸幸さんの病室に行きました。

森本さんは奥さんに謝りました「こんな体になってしまった。ごめん」と

こんな状況で、奥さんの広子さんは何と言ったと思いますか?


一緒に悲しんだのでしょうか。。。

一言、こういいました。

「仕方がないわね。何とかなるわよ」
 

あれから20年の歳月が流れました。
森本さんはこの20年を振り返って笑います。

「本当に何とかなったんです。何とかなり過ぎて孫が6人になりました」


最初は家の外に出るのも嫌だった森本さんですが、
奥さんに支えられて、「何とかなる」と思い、
明るさをモットーに生きてきました。

そんな森本さんの人生と、
後半には森本さんが好きなシンガーソングライターで
がんを克服された杉浦貴之さんの歌詞を取り上げています。


詳細はぜひ社説を読んでみてくださいね。
こちらです