スタッフブログ

ホームスタッフブログ ≫ 【無事終了】大來尚順さん講演会「おかげさまで」の意味

【無事終了】大來尚順さん講演会「おかげさまで」の意味

時の流れるのが早すぎて、すっかりブログのことを失念していました。
もう3月なのですね。

僧侶でありながら、翻訳や通訳を手掛ける
大來尚順さんの講演会を主催し
無事、終えることができました。
null

アメリカで宗教学を学ばれ、
通訳や翻訳をされる中で、
どうしても
英語に訳せない日本語がありました。

なぜか、
日本語は仏教精神が根底にあるからです。


例えば「おかげさまで」。

よく私たちは使っていますが、
これを英語辞典で調べると、
「Thanks to you」

大來さんはちょっと物足りなさを感じます。

「おかげさまで」を漢字にすると

「御影様」

「影」に「御」をわざわざ付けたのは、
御影=神仏のはたらきによって
   目に見えないはたらきによって
という意味があるから。

これは自分のおごりをかき消す言葉なんです。

これをもとに、英訳するとこうなります。

Be invisible power/working


仏教とは関係ないところで通訳しているときは、
この表現をしないそうですが
(驚かれるので)
とってもしっくりくる表現です!


大來尚順さんのお話は
まさに感動、元気、ためになるお話でした!

次回は最後!
水谷もりひと、山本孝弘のダブル講演です。
おたのしみに!(^^)!

null


広報部 重春文香