水谷もりひとブログ

ホーム ≫ 水谷もりひとブログ

水谷もりひとブログ

「全然分からなかった」という本に何冊出会えましたか?

文筆家・執行草舟さんの言うことは、まったくもって世の中のニーズとは逆である。 だから、執行さんは本物なんだと思う。 執行さんは小学生の頃にカントの『純粋理性批判』を読み、平泉澄の『少年日本史』を読み、鈴木大拙の『禅と日本文』...

悔しさというエネルギー

『逆のものさし塾』を主宰している清水克衛(かつよし)さんが著書の中でこんなことを言っている。 「人として恥ずかしいことをしなければ生きられない時代があった。 その認識をしながら生きることの悔しさが、その時代に生きる人にはあ...

「泥む」とは?

読み方と意味~その2「なずむ」 漢字で書くと「泥む」。なかなか読めない。 丸山敏秋著『つながり』から 「歴史を貫いて流れる日本人の精神性を保持しつつ、  低成長ではあっても安定した世の中を築くために、  慣行になずむこと...

「名状し難い」

読み方と意味~その1「名状し難い」 今日の読書から。 「名状し難い不安を明日の世界に感じ取りしながら、  自分は他人とは違うといった気持ちと、  その違う他人と楽しみたいという気持ちの間を絶えず行き来し、  すなわち、個室...

大きな声で言えませんが・・・

実は、秘密にしていたのですが、 何人かのスタッフが外に漏らしていて、 もうバレそうになったので言います。 みやざき中央新聞は3月1日をもって 10,000部を突破しました。 本当は昨年の25周年イベ...