水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ 編集という仕事

水谷もりひとブログ

編集という仕事

編集の仕事に終わりはない。
取材を終え、文字起こしをしたたくさんの編集前の原稿が
美容室で順番を待っている客のように
「早く私の番が来ないかな」という顔で控えている。


編集の仕事に没頭しまうと
つい作業になってしまう。
これが怖い。

講演会の音声を文字お越しした原稿には、
黄金のような輝きを持ったメッセージがある。
それを自分の人生にも取り入れないのはもったいない。

編集作業をしながら、こっそり盗むのだ。
自分の脳にインプットするのだ。

講演者の講演内容をまとめる作業は、
講演を聴いた以上の価値がある。
講演会の会場で直接聴いた人たちのほとんどが
聴いた内容をほぼ忘れているからだ。
活字となった講演者のメッセージを編集しながら
自分の脳にしっかり入力すると、
講演者の本を読んだのと同じ価値があると言ってもいい。

僕はそうやって自分の脳を作ってきた。
僕の脳は1000人を超えるみやちゅうに掲載された人たちの言葉で
作られている。

その多くは潜在意識の中に蓄積されているが、
すぐにアウトプットできるものも少なくない。

編集という仕事は
作業としてやると
終わった後、ひとつのひとつの作品(記事)を残せるが、
インプットしながらやっていくと
終わった後、それは武器になる。