水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ 勉強してますか?

水谷もりひとブログ

勉強してますか?

朝2時45分に目が覚めた。
さすがにまだ早いだろうと思い、
ベッドの中でうずくまっていたが、
寝れそうにないのでベッドから出た。
3時10分になっていた。

半分ぼーっとしながら本を開く。
執行草舟著『生くる』(講談社)

一気に目が覚めた。
人間は何の為に勉強するのか、である。

たとえば江戸時代の子どもたちは何を学んでいたか。
数学や物理学ではない。経済学でも心理学でもない。
古典だ。

古典こそ人間の英知の結集である。
それだけを学んで先人は人格を築き、知性を磨き、
国家、社会に役に立つ人間になった。

お金のためでも、名声のためでも、出世のためでもない。
学ぶ目的は「自身の身を修め、
自分が何らかの形で世の中の役に立つ人間になるため」である。

もう一時期面白かったN国党のYouTubeなどどうでもいい。
NHKの受信料問題という彼らの公約ではなく
個人的な感情のまま人の批判ばかりしているからだ。
こういう人が国政の場にいてはいけない。

学のない人とはこういう人を言う。
感情で大衆を煽り、先導する指導者である。
韓国の文大統領も同じ。

学がない人は感情で動いている。
平気で自分を不幸にできる。
自分で自分の首を絞めていく。

健康状態を自分で悪くしている。
人間関係を自分で悪くしている。
知恵がないとはそういうことだ。

自らを向上させ、幸せや成功に自らの導くためにするのが
学びである。

やっと知った。

ただ残念ながらそのような学びは学校教育にはあまり見られない。
先人に学ぶ授業がないからである。

本当に頭のいい人。つまり好奇心の向くままに
自らを向上させ、社会の幸せに向かって学び続ける人は
とにかく本を読む。古典に触れる。
これしかない。

独学ができる人である。
かなりの意志力と根気を要する。

自分の低レベルの感情に流されるな。
それは知恵でも何でもない。
好き嫌いで判断するな。
それは愚か者の常とう手段である。

先人の苦悩、哀楽、慟哭に触れよう。

本当の意味で幸せになろう。