水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ 『この幼児、凶暴につき』

水谷もりひとブログ

『この幼児、凶暴につき』

1歳半の孫が発熱した。40度を超える熱がある。

当然小児科に行った。
インフルエンザと診断された。
帰ってきて、処方された薬を飲んで寝た。

しばらくして孫が暴れ出した。
暴れたといっても1歳児なのでしれているが、
異常に激しく泣き叫ぶ。
その激しさは尋常ではなかった。

大人が近づくと叩き始める。
僕が抱っこしてベランダに連れだしたら泣き止んだ。
いつもぐずっている時や泣き止まない時は、
こうして外の環境にちょっと触れさせると
気が外に向かうせいで、落ち次いで泣き止むのが常だった。

しかし、その日は違った。
泣きなんだのもつかの間、また抱っこされながら暴れ出した。

おかしいなと思い、娘に聞いたら
もらった薬がタミフルだという。
薬と一緒にもらった説明書にこう書かれてあった。

・タミフルはインフルエンザウイルスが増えるのを抑え、熱などの症状を早期に改善させるお薬です。
・1日2回5日間お飲みください。
・医師・薬剤師の指示に従い最後までお飲みください。
・インフルエンザの患者さんは、抗インフルエンザウイルス薬の服用の有無や種類にかかわらず異常行動に関連すると考えられる転落死などが報告されています。
・「異常行動による転落等の事故を予防するためのお願い。
インフルエンザにかかった時は、飛び降りなどの異常行動をおこすおそれがあります。
(特に発熱から2日間は要注意)。窓の鍵を確実にかけるなど、異常行動に備えた対策を徹底してください。」


異常行動は「薬のせい」とは書かれていない。悪いのはインフルエンザウイルスであるとのこと。

孫のあまりの異常な凶暴さに驚き、知り合いの薬剤師が近所にいるので訪ねて相談してみた。
薬剤師曰く。「えっ!1歳児にタミフルですか?。そうですね。説明書には絶対タミフルのせいで異常行動が出るとは書かないですよ。タミフルは飲ませない方がいいですよ」と言われた。
代わりに僕は以前から愛用している「バイオリンク503」を買って帰った。

商品の宣伝みたいになってしまうが「503」を飲んだ孫は
翌日、完全復活した。
普通になった。

ただ保育園は今週いっぱい登園してはいけないことになっているが。