水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ 夢が叶わない姿勢とは

水谷もりひとブログ

夢が叶わない姿勢とは

僕はよく神様という言葉を使います。
それは宗教上の神様ではなく、
日本人が昔から持っている「神様」という概念です。
これ、分からない人がいるんですよね。

昔の日本人は「お天道様」と言ったりました。

人間は、絶対幸せになるようにプログラミングされています。
どんな人もです。

マイクロソフトのパソコンのスイッチを入れると
Windowsが立ち上がるのは、そのようにプログラミングされているからですよね。
人間もそうなんです。
生まれた時から、幸せに向かって成長しているんです。

不幸になりたくて学校に行ったり、勉強したり、
就職したり、恋愛する人っていないです。
みんな無意識に幸せに向かっているんです。
そうプログラミングされているんです。

なのにそう思えない現実があるのはなぜか。

せっかく神様がいろいろと準備しているのに
それを受け取らないからです。

「幸せになりたい」とか
「素敵な人と巡り合いたい」とか
「お金持ちになりたい」とか
「成功したい」などなど、
いつも「求める姿勢」でいるからです。

大事なのは「受け取る姿勢」です。

神様は直接語り掛けたり、手を差し伸べたりできません。
だからいろんな人や物や情報を通して
あなたにメッセージを送っています。

それを「受け取る姿勢」ができていないと、
スルーしてしまうんです。

「この本、おもしろいよ」と
誰かを通して神様があなたに必要な言葉を届けようとしているのに
スルーしていませんか?

僕は結構この「受け取る姿勢」はあるような気がします。
誰かが「このYouTube、面白いよ」と言ったら必ず聞くし、
勧められた本は大概買ってます。

僕の友人で、素晴らしい夢のある活動をしている女性がいます。
すごくいい活動をしているのに、
お金にならないし、実際運営が厳しいです。

ある資産家の人が、その活動に感動して
「寄付させてください」と言ったんです。
そしたら、その人は「いやいや、そんな・・・申し訳ないです。大丈夫です」と
断ってしまったんです。

せっかく神様がその資産家を通して応援しようとしているのに
「受け取る姿勢」ができていないんです。
だからずっと活動が厳しいままなんです。

「受け取る姿勢」は、
素直で謙虚で、勉強していつも感性のアンテナを立てていないとできません。

僕が自分の運氣を上げるために取っている行動を紹介します。

本⇒本屋に行ってぶらぶらして目に飛び込んでくる本を買う。  
  Amazonで買うのは次のステージに行った人がすることです。

動画⇒「魔法使いの学校/吉岡純子」
   「中谷彰宏」「鴨頭嘉人」「グロービス」「中田敦彦」等々

習慣⇒早起き(遅くても5時台)、神棚に二礼二拝、仏壇にお参り、劇場で映画鑑賞

勉強⇒倫理法人会、永業塾、和ごころ塾等々

こういうのはご縁のあったものを大事にしてきただけですので、
皆さんも自分とご縁のあったことを大事にしてください。