水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ リップヴァンウィンクル

水谷もりひとブログ

リップヴァンウィンクル

台風の日は家で映画を観るに尽きますね。
黒木華主演の3時間という長編映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』を観ました。

めっちゃ面白かった。

前半は黒木華が演じる「七海」がどん底まで落ちていくストーリーです。
出会い系サイトで見つけた男性と結婚したのですが、
なぜか浮気の容疑を課せられて離婚させられます。

実は七海の家庭は崩壊していて、両親は離婚していて、
結婚式に来てくれるような親族もいません。
でも、離婚した両親は何とか式に参列してくれるのですが、
親族がいないので、数合わせができません。

それで七海は疑似家族、疑似親族を集めてくれる業者に頼んで、何とか数を揃えます。
その業者が綾野剛が演じる安室です。

これは七海も知らないのですあ、浮気の罪を着せられて離婚させられた背後に安室がいました。

しかし、不思議なことに安室は七海をずっと支えていくのです。
途中まで安室がいい人なのか、詐欺師なのか分かりません。

家を追い出され、行き場を失った七海に安室がバイトを紹介します。
他人の結婚式に参列する新郎の疑似家族になるバイトです。
七海は次女役です。
長女役は里中真白、これをシンガーソングライターのCoccoが演じてます。

これを機に2人は仲良しになり、
2人で大金持ちの豪邸のメイドのバイトを始めます。

この真白さんは別にAV女優という顔も持ってまして、
こっちでかなり稼いでいます。

後半は七海と真白さんの友情ストーリーなのですが、
後半からどんどん引き込まれていき、あっという間の3時間でした。

一番感動したのは2人がドレス屋さんでウエディングドレスを衝動買いして
お店からドレスを着たまま家に帰り、2人で踊るシーン。
そのBGMもよかった。
そして2人でベッドに横になった時、真白さんが語り出すんです。
これがぐっと来ました。
5分間、ノーカットで真白さんが自分の自己肯定感の低さを語るんです。

「この世界は幸せだらけだよ。みんな私によくしてくれる。
スーパーで買い物をする時さ、お店の人がさ、
私が買ったものをせっせと袋に入れてくれるんだよ。
私なんかのために、その手がせっせと動いてくれているんだよ。
それを見ているとさ、泣きたくなるのさ」

「私には幸せの限界があるの。もうこれ以上は無理!という限界。
その限界がそこらの誰よりも来るのが早いんだ。
簡単に幸せが手に入ったら私、壊れる・・・」と。
このシーン、切なくて切なくて4回も見てしまいました。

もう一つは、七海と安室が、真白さんの母親に会いに行ったシーン。
母親は娘がポルノ女優になったということで、親子の縁を切っていました。
いろいろ娘の悪態をついていく中で、
母親(シンガーソングライターのりりィが熱演)が
急に全裸になって、安室と七海がびっくりします。
「人前で裸になるなんて、なんて恥ずかしいことなんだ」と言って泣くんですね。

安室もそれを見て、泣きながら自分も全裸になるんですよ。
それを見て七海は飲めない焼酎を飲み始めるという、
何とも意味深長なシーンです。
このシーンもよかったです。

見どころ満載の映画でした。