水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ 恥が消えた日本人

水谷もりひとブログ

恥が消えた日本人

昔は、と言っても僕が学生時代の頃。
というのは1980年代あたり。

あの頃、偉大な人や立派な生き方をしている人は尊敬されていた。
つまり、若い世代に影響を与えていた。
「あのように生きたい」という気持ちを芽生えさせていた。

でも、自分はまだまだ全然ダメ。
そのギャップを感じていた。

今、そういうのがないだ。

「生きてるだけで丸儲け」とか
「生きてるだけで価値がある」とか
「あなたはあなたのままでいいよ」という言葉が一人歩きして、
本当に届けない人にではなく、
どうでもいい人にまでこの言葉が影響している。

何の努力もしないままで
自分を誇らしく思っている人がはびこっている。
理想と現実のギャップがなくなった。
つまり「恥」を感じなくなった。

学ばないことを、
本を読まないことを、
成長しないことを、
努力しないことに
苦悩しないことを、
神を求めない生活を、
神や仏に手を合わせない生活を
見えない世界を尊ばない生活を
もう恥ずかしいと思わなくなった。

動物と同じ生活に安住してしまった。
命の重みが動物と同じになった。