水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ クリスマスの朝

水谷もりひとブログ

クリスマスの朝

クリスマスの朝、病院のベッドで目が覚めた2日目である。
入院して分かったこと。
それは看護師さんは素晴らしいということ。

とにかく優しい。
こんな僕なんかのためにも優しく接してくれる。

検察室まで全然普通に歩いて行けるのに
「車いすに乗ってください」と言われ、押してくれた。

わがままな患者にも笑顔で対応する。
入院中の男たちが癒されるのがよくわかる。

外来では分からない。
外来では医者が主役である。
でも病棟では看護師さんの存在感が圧倒的に大きい。
なにせ病棟には「生活」がある。
患者の生活を支える看護師さんは、なんか一緒に住んでいるような錯覚になる。
もちろん看護師さんはそんなこと微塵も感じていないだろうが。

一日6回くらい血圧を測りに来る。
「そんな必要あるの?」と聞くが、「決まりですから」としか
彼女たちも答えようがない。

患者の命を預かる病院というところは
スタッフは個人の判断ではなく
組織のルールを重んじるのだ。
検査室に行くのも車いすの乗るというのもルールなのだ。

バーガーショップで
ハンバーガー20個、フライドポテト20個、チキンナゲット20個を注文する、
明らかに職場の代表で買いに来ている客に
「店内でお召し上がりですか、お持ち帰りですか」と
決まり切った接客用語を言うバイトの子とは違う気がする。

退院まであと2時間。