水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ ウサギと競争したカメ

水谷もりひとブログ

ウサギと競争したカメ

カメはなぜウサギと競争したのでしょう。
ウサギに「どうしてそんなにのろいのか」とからかわれたカメは
「なんとおっしゃるウサギさん、それならおまえをかけくらべ」と
勝負を挑んでいます。

「勝負しよう」と言ったのはカメだったんです。

浅田真央ちゃんがイチローにバッティングで挑んでいるようなものです。

もちろんイチローは真央ちゃんをからかったりしません。
真央ちゃんも
「なんとおっしゃるイチローさん、それならあなたと勝負します」なんて言いません。
「はい、私はスケートの選手ですから」と言うと思います。

カメも「そうなんです。私は水中を泳ぐ生き物ですから」と言えばよかったんです。

実は昨日、白駒妃登美さんが主宰する「和ごころ大学」でお話ししたのですが、
依頼されたのは昨年の6月頃でした。

この10ヵ月間、悩みました。
「和ごころ」の「大学」ですから、何をお話ししたらいいのかと。

ある日、気付いたんです。
自分は「教える人」ではないということを。

専門知識もないし、偉そうなことを教える体験もしてこなかったし。

自分は「伝える人」だったと気付いたら、
今まで日本講演新聞で取材した面白い話を伝えようと思いました。

「先生」じゃないんだから
「教えようとしない」「教えなくていい」と割り切ったら楽になりました。

「自分は何者か」を知って、その生き方でいいんだと割り切れば
人生を楽しむことができます。

ウサギとカメの物語は、「そんな競争はしなくていいんだよ」ということを
教えてくれているのです。