水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ 最近、映画館に行きましたか?

水谷もりひとブログ

最近、映画館に行きましたか?

最近、映画を観ましたか?
というか、映画を映画館に観に行く習慣がありますか?

僕の周りにはこの習慣を持っていない人がものすごく多い。
なぜみんな映画を観ないのだろう。
なぜ映画館に足を運ばないのだろう。
最近はAmazonプライムやNETFLIXで家で見るから?
もちろんそれもいいけどね。

僕もネットの映画はバンバン見ている。
でもやっぱり映画館に行くと、「観る」になるのだ。

映画って娯楽ではなく教養そのもの。
たとえば、ピクサーアニメーションスタジオがディズニーと共同制作した
世界初の長編フルCGアニメ映画『トイ・ストーリー』は
登場人物がほとんどおもちゃの人形だ。
主人公がウッディという保安官の人形で、
その相棒がバズという宇宙服を着た人形。

最初は何も考えずに見ていたのだが、
ものの本によると、ちゃんとそこに意味があることがわかった。

アメリカのフロンティア精神の象徴なのだそうだ。
アメリカの歴史は西部開拓から始まっていて、
それを象徴させたのが主人公の保安官。

その後、アメリカは政治経済、文化文明のあらゆる面で
世界を意のままにリードしてきた。まさに時代の開拓者だった。
(これに反発したのがイスラムの過激派組織)

政治経済、文化文明の最後のフロンティアが宇宙だった。
考えてみると、60年代、70年代のハリウッド映画には西部劇が多かった。
90年代になると圧倒的に映画のフロンティアは宇宙モノに代わった。

アメリカの子どもたちの憧れが、かつてはカウボーイで、
その後、スペースレンジャーになったというわけだ。
それをさらっと『トイストーリー』で見せている。
映画をちょっと深読みしていくと、さらに面白くなる。

映画を観る習慣がなかった人は月に1本は観ましょう。
いつもネットで観ている人は月に1本は映画館に足を運びましょう。

演劇でも言えることですが、
やっぱり劇場は別世界です。

でも、僕はコンサートに行く習慣はないなぁ。

https://onl.tw/aUAEQxb