水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ 過去と未来、自分へのメッセージ

水谷もりひとブログ

過去と未来、自分へのメッセージ

11月6日、靖国神社で開催された永業塾のテーマは
「10年前の自分へのメッセージ、10年後の自分へのメッセージ」でした。

年齢というものは、時間の流れとともに増えていくものです。
そしてその先にあるのは死です。
まさに死とはゴール。

42.195キロを走りぬいたランナーがテープを切るマラソンなのか、
次の選手にタスキを渡して自分の走りを終える駅伝なのか、
人生はそういう長距離レースに例えられますが、

いずれにしてもゴールは終わりではなく、栄光なのです。
夏の炎天下に大輪の花を咲かせたひまわりの花が、
夏の終わりには大きな花の重さに耐えきれず、首を垂れて死んでいます。

あれこそ栄光の死。
あの枯れた花の中でたくさんの種が生まれています。
次の季節に芽吹かせる、いのちの種です。

50歳になった10年前、
初めて東京で出版記念講演会をやり、60人くらいの人が来てくれました。
「君の前途には希望と栄光と成功しかない」
今の自分が送りたいメッセージはこれだけです。

宮崎県高千穂町のド田舎で、ごく普通の家に生まれ、
ごく普通の両親に育てられ、何のとりえもなく、不幸なこともなく、
ごく普通の人生を生きてきた自分が、
東京の出版社から本を出すなんてすごいと思います。

本なんて、ものすごく勉強した人、ものすごく頑張って成果を上げた人、
ものすごいどん底を経験した人、そういう人が出すものなのですから。

普通のお前がよく本なんか出せたなと褒めてあげたいです。
もちろん実力ではなく、すべてはいい出会い、いいご縁のおかげなのですが。

10年後は71歳です。
生きていれば確実に迎えます。
歳は取りたくないといいますが、それには死ぬしかありません。
死んだらその年齢が永遠に刻まれます。
歳を取ることは栄光への道を歩んでいる証なのです。
そして命を使い切る。あのひまわりのように。

100歳まで現役で生きようと思っているので、
71歳はまだ栄光の途中ということになります。

未来の自分と今交換日記をしていますが、
70歳の自分からいろいろとアドバイスをもらっています。
70歳の自分へのメッセージですか。
「かっこいですね」「あなたにあこがれています」
「そこに辿り着けるようにどうか導いてください」
「道を間違うことなくそこに行きますので、どうか待っていてください」
ということでしょうか。