水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ 怖いという感情

水谷もりひとブログ

怖いという感情

日本講演新聞3月21日号に
コミュニケーショントレーニングネットワークを主宰する
岸英光さんの記事は
「成功するのが怖い」という心理が
成功するための行動を妨げているという話でした。

こういう話は過去に聞いたことがあります。

「お金持ちになりたい」のに
「お金持ちになると大変だ」という気持ち、
「結婚したい」のに
「結婚したら大変だ」という気持ち、
「成長したい」のに
「成長するのは面倒くさい」という気持ち、
そういう気持ちが自分では気が付かない深層心理にあって、
それが「悪魔のささやき」をして行動を妨げるというものです。

確かに、誰もが、たとえば「お金持ちになりたい」と思っています。
でも、「お金持ちになる」とはどういうことなのか分かっていないんです。
今の時代、がむしゃらに働けば給料が上がる時代ではありません。

今の収入が今の自分の器なのですから、
収入を2倍、3倍に増やしたかったら、
人間の器を2倍、3倍に大きくする必要があります。

そのためには何か一つ「役」を引き受けるとか、
社会的地位を上げるとか、
行動範囲を広げるとか、
精神的に成長するといったことが必要になります。

でも、それを面倒くさいと思ってなかなかやらないんです。
だから収入は増えないんです。

自分の殻を破りたくない。
今の自分らしさを壊したくない。
そういう「変わることの恐怖」が成長を妨げているというわけです。
結局、「自分」なんですよ。