水谷もりひとブログ

ホーム水谷もりひとブログ ≫ 文章極意3

水谷もりひとブログ

文章極意3

38年間、新聞記者をしていた男性と出会った。
大学を出て、22歳で大手日刊紙に入社し、九州管内の支社を転々をしたそうだ。
所属したのは社会部。
だから事件、事故を取材して記事にしていた。
その仕事に人生を捧げてきた。
現役の時は楽しくて仕方がなかった。
やりがいのある仕事だと思っていたという。

現在90歳。
振り返ってみると、「何も残っていない」と話された。
事件の記事を書いても、
しばらくするとみんなそんな事件があったことなど忘れてしまう。
高校生が自殺した記事を書いても自殺が減るわけでもない。
飲酒運転で逮捕の記事を書いても飲酒運転が減るわけでもない。
それを読んだ人が喜ぶわけでもない。
警察の人とのお付き合いが一番多かったが、
みんな3年くらいで異動になって、お付き合いは切れる。


夏の野の 茂みに咲ける 姫百合の 知らえぬ恋は 苦しきものぞ

万葉集の歌である。
今から1300年以上も前の人の書いた文章が、こうして残っている。
しかもたった31文字で自分の思いを綴っている。

「知らえぬ恋」とは人には言えない秘密の恋、あるいは
片思いで、未だ相手に届かぬ思いなのだとか。

いずれにしても誰かを思いつつ、届かない胸の苦しさを、
繁みの中でひっそりと咲く姫百合の花にたとえている。

感情なのだろう。
文章を書いた人の思いと読む人の感情がかすかに起こす摩擦。
その摩擦が、後世に語り継がれるのだ。

新聞情報に「情」を刷り込むべく日本講演新聞に文章を書いて
毎週月曜日に発行。
でも、8月29日号は第5月曜日のため、休刊。あしからず。